スキンケアの疑問や悩みをQ&A形式でお答えします!

毎日行っているスキンケアの中で、誤解している点があったり、実はNGケアだったりすることもあるのではないでしょうか?または、「これでいいのかな?」と思いながらケアをしていることなどもあるでしょう。そんな疑問や悩みをQ&A形式でお答えします。毎日のスキンケアに参考にしてみてください。

Q:去年開封した日焼け止めや化粧水は使えますか?
A:去年開封したものであれば、保管状態が良ければ問題がありません。通常、未開封であれば3年は大丈夫です。

しかし、化粧品にも使用期限があります。開封後はできるだけ早く使うことをおススメします。開封した化粧品は、空気が入ったり、指についた雑菌が入ったりしてしまうため、酸化してしまいます。酸化した化粧品を肌につけると、肌トラブルの原因になるのです。保管する場合は、湿度の高い場所や直射日光が当たる場所には置かないようにしましょう。肌の弱い人は、去年の日焼け止めや化粧水を使う場合は、念のため膝やヒジなどに塗って、かゆくなったり、赤くなったりしないことを確かめてから使うと安心です。また、防腐剤や保存剤などが入っていない無添加化粧品は劣化が早いので、使用期限には注意しましょう。

Q:化粧水をつけるとしみるのですが使用をやめた方が良いですか?
A:化粧水で肌がしみるのは、肌に刺激を与えているということです。すでに肌荒れを起こしている状態であり、使用を続けるとさらに肌荒れを悪化させてしまいますので使用はすぐにやめましょう。

肌がしみるというのは、肌のバリア機能が低下して、ちょっとした刺激に対しても肌が反応してしまっている状態です。化粧水を使うのは一時中断して肌の状態がよくなるのを待ちましょう。対策としては、敏感肌用の低刺激の化粧水を使うといいでしょう。それも肌にしみるようであれば、使用せずにクリームや美容液で保湿ケアのみ、行いましょう。スキンケアだけではなく、睡眠を十分にとること、栄養バランスの取れた食事をすることなど、生活習慣にも配慮することが必要です。

Q:香料が肌を刺激するって本当?
A:本当です。昔は香料が原因でしみになることもありました。

香料はもっともアレルギーを起こしやすいと言われています。合成香料はどのような化学物質が使われているか分からず、かゆみやかぶれの原因となり肌に炎症を起こしてしみになってしまう、ということがあるのです。香りを楽しみながらスキンケアをしたい場合は、アロマや天然素材を使用した香料を使用しているものを選ぶといいでしょう。

Q:メイクしたまま寝るとシミになるって本当ですか?
A:「メイクしたまま寝るとシミになる」はウソ!しかし、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

メイクをしたまま寝ても、ファンデーションやアイシャドウなどがそのまま肌に映り込んでシミになる、ということはありません。ただし、メイク汚れや皮脂汚れ、汗などを落とさずに寝ると、活性酸素を発生させ肌老化を進行させてしまいます。活性酸素はメラニン色素を増やし、シミの原因にもなりますね。さらに、皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴に皮脂汚れが詰まり、ニキビなどができてしまいます。メイクを落とさずに寝てしまった翌日は、しっかりクレンジングと洗顔をして、化粧水で肌を整えて保湿をしましょう。

Q:無添加ってやっぱり肌にいいの?
A:メーカーによって基準が違うので何とも言えません。

無添加化粧というと、肌に刺激のある成分が配合されていない、肌に優しい化粧品、という印象があるでしょう。しかし実際は定義や基準はありません。現在化粧品は、以前表示を義務付けられていた、肌トラブルを起こす危険性のある102種類の成分を配合していなければ無添加、と表記できるようになっています。しかし、102種類以外の成分でも肌トラブルを起こす可能性のある成分があります。それが配合されていても、無添加、と言えてしまうのです。

また、防腐剤を使用していない無添加化粧品であっても、防腐剤を使用していないためカビや細菌が繁殖して腐敗し、それが肌トラブルの原因になることもありますし、天然素材の成分が肌に合わない場合もあります。無添加にこだわるのも悪いことではありませんが、自分の肌に合った化粧品選びをすることが大事です。

Q:スキンケアをする場合の化粧品を使う順番はある?
A:効果的なスキンケアをするための基本的な順番があります。

洗顔をした後は、化粧水、美容液、乳液、クリーム、が基本的な順番です。最初に化粧水で肌に美容成分を浸透させる準備をします。キメを整えることで、後から使う化粧品の成分が均等に行き渡らせることができます。次に足りない部分にプラスαの美容液を使い、集中的なケアを行います。次に乳液で肌に保湿と適度な油分を補い、最後により保湿効果の高いクリームで肌に成分を閉じ込めるのです。それぞれのスキンケアアイテムが持つ役割や効果を引き出すためには、この順番が適しているのです。この順番でスキンケアをすることで、より効果的なケアをすることができます。

Q:一度できてしまったシミは消えないのですか?
A:できてしまったシミは消えません。

近年ではシミに効果的な成分が配合されている化粧品も増え、シミの種類や程度によっては薄くなったり、目立たなくなったりすることもあるようです。しかし、基本的にできてしまったシミは、レーザーなどで消さない限り消えることはありません。シミは加齢とともにできやすくなります。紫外線対策をしっかりして、シミができないようにすることが大切です。

Q:化粧品を違う容器に入れ替えて使っても大丈夫?
A:詰め替えはできればしない方がいいです。

詰め替えの際に雑菌などがはいる可能性が高いです。旅行などのために携帯用の詰め替え容器に化粧品を移してすぐに使い切るなら問題がないと思いますが、そのまま使うと、雑菌が繁殖し、肌トラブルの原因になります。特に化粧水などはキレイに洗ったつもりでも、他の化粧品が容器に残っている場合もあります。できるだけ詰め替えせずにそのまま使用することをおススメします。

Q:1年を通して同じ化粧水でもいいの?
A:季節や肌の状態によって化粧品は変えた方がいいです。

肌の状態は季節によっても変わります。紫外線が強い夏や空気が乾燥する冬は肌がいつもより乾燥しやすいですし、睡眠不足が続いたり疲労が蓄積されていると肌がちょっとした刺激に弱くなったりすることもあります。同じ化粧水では、季節や肌のコンディションによって、肌の負担になることもあります。季節や肌の状態をチェックし、その時に適した化粧品を使うようにしましょう。

Q:自分でマッサージをするとシミができるって本当?
A:本当です。間違った方法でマッサージをすると肌トラブルの原因になります。

マッサージをするのは血行が良くなるというメリットがありますが、顔の場合はあまり力を入れてこすると、摩擦によって色素沈着を起こしやすくなります。マッサージをする際には必ずマッサージクリームを使い滑りをよくすることが大事です。また、クレンジング剤でマッサージをするのはNGです。目的が異なるため、肌に負担をかけてしまい、シミやシワなどの原因になります。

疑問に思っていることや不安なことをそのままにしておくと、もし間違っていた場合は肌トラブルの原因になります。分からないことは解明して、正しいスキンケアをしましょう。