毎日のクレンジングの種類と効果を知っていますか?自分の肌質にあったクレンジングの選び方は?「落とす」ことが美肌への近道!

クレンジング料はさまざまな種類があります。クレンジング料のタイプによって、特徴があり、使用方法や肌質に合う、合わないといったこともあるので、自分の肌質や肌の状態などによって適切なものを選ぶことが必要です。それぞれのクレンジングのタイプが持つ特徴を知っておきましょう。また、ポイントメイクのクレンジングの注意点についても解説します。

クレンジングはしっかりしているのに肌がくすむ原因

クレンジングは、毎日しっかりしているのに肌がくすむ、肌が乾燥する、化粧ノリがイマイチよくない、という人はクレンジング料が肌に合っていないのかもしれません。メイクアップをしっかり落としたいからといって、洗浄力の強いタイプのクレンジング料を使っていると、肌に負担がかかってしまうことがあります。香りがいいからと、洗浄力の弱いタイプのものを使っていると、メイク汚れや皮脂を落としきれず、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

クレンジング料のそれぞれのタイプが持つ特徴を知り、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

適切なクレンジングをするためにもクレンジングのタイプを知る

美肌を保つためには、クレンジングの選び方が重要です。そのためにも、クレンジングのさまざまなタイプについて知っておきましょう。

オイルタイプ

油分が主成分のオイルタイプのクレンジング料は、界面活性剤も多く含まれています。その分肌への負担も大きいのですが、こすらずにメイク汚れを落とせるという点はメリットとなります。クレンジング剤の中では、洗浄力が最も高いと言われるタイプです。ウォータープルーフタイプのファンデーションなどを使用している場合は、オイルタイプのクレンジング料を使うと、いいでしょう。ただし、肌が乾燥する場合は、控えた方がいいかもしれません。

リキッドタイプ

洗浄力が高く、中にはオイルタイプと同じくらい洗浄力のあるものもあります。オイルよりもサラッとしているのが特徴です。リキッドタイプのファンデーションやウォータープルーフタイプのメイク用品を落とすのにおススメです。オイルタイプよりも肌に優しい印象があるかもしれませんが、界面活性剤は多く含まれているので、肌への負担は否めないでしょう。肌に必要な皮脂や保湿成分も洗い流してしまうリスクがあります。

ジェルタイプ

クレンジング料の中でも肌に優しいのがメリットのジェルタイプは、その分洗浄力が弱いと言われています。中でも水性のジェルは油分を含んでいないため、肌への負担は少ないのですがメイクを落とす力は弱いです。メイクをそれほどしない、またはナチュラルメイクの人に向いているでしょう。またまつ毛エクステを使っている場合、油分の入っていないジェルタイプは便利です。ジェルタイプの中には、オイルが配合されているものもあります。水性よりもメイク落ちに優れています。さっぱり洗い上げることができるのも魅力です。

クリームタイプ

オイルタイプと比べると洗浄力が弱いですが、肌の乾燥を防ぎながらクレンジングができるのがメリットです。油分と水分の配合量のバランスがよく、メイク落としとしても便利で、肌への刺激も少ないです。肌なじみもよいので、肌をこすらずにメイクを落とすことができるでしょう。

ミルクタイプ

油分も界面活性剤も少なく、肌への負担が少ないのがミルクタイプのメリットです。その分、洗浄力が弱いので、濃いメイクの場合は落ちにくく、肌をこすってしまいがちになるので注意が必要です。ミルクタイプの場合は、手の平に取り、手の温度で温めてから使うと、メイクの油分となじみやすくなります。肌に直接塗ってこすらないためにも、手の平にのせて温めてから使うようにしましょう。

アイメイクリムーバー

マスカラやアイシャドウ、アイラインなどのポイントメイクを落とす際には、アイメイクリムーバーを使いましょう。アイメイクは油分も多く、専用のクレンジングをしないと、落ちにくく、アイメイク用品の成分が肌を傷めてしまいます。特にマスカラなど、落としにくいアイメイクは、その成分が落ちやすいものを使うのがおススメです。できれば使用しているアイメイクと同じメーカーのものの方が、きれいに落とすことができるでしょう。

シートタイプ

どこでも手軽に使えて簡単にメイク落としができるのがシートタイプのメリットです。ただし、メイクを落とす際に肌をこすってしまうことで、肌を傷めてしまう可能性が高いです。アルコールも配合されているので、肌への刺激も強いでしょう。肌が弱い人や肌の状態が悪いときには使用しない方がいいでしょう。

肌質別メイク落とし(クレンジング料)の選び方

メイク落としは肌への影響を大きく与えるものです。肌質によって、適切なクレンジング料を選ぶことが、肌トラブルを防ぎ、美肌になるためには必要です。

乾燥肌

クリームタイプを使うと、肌への摩擦を避けることができ、乾燥肌を悪化させずにすむでしょう。シートタイプやふき取りタイプのクレンジングは肌に負担をかけ、乾燥をひどくしてしまうので控えた方がいいでしょう。ポイントメイクはできるだけ、界面活性剤が配合されていないものを使うことが必要です。肌が乾燥している場合は、肌なじみがよく、こすらずにクレンジングができるもの選びましょう。

敏感肌

ミルクタイプのメイク落としが肌への負担をかけずにクレンジングができます。肌が敏感になっている場合、些細な刺激も肌への負担になるので、オイルやアルコール、香料、防腐剤など肌への刺激になる成分が入っていないものを選ぶことが大事です。しっかりメイクをしている場合は、ミルクタイプのクレンジング料では、メイクを落としきれません。できればナチュラルメイクがおススメですが、それができない場合は、ホホバオイルやオリーブオイルなど、肌への負担が少ないオイルでクレンジングをするといいでしょう。

敏感肌がひどい場合は、洗顔石鹸で落とせる程度にファンデーションは薄く塗るようにしましょう。

脂性肌

脂性肌の場合、油分をしっかり落としたいため、オイルタイプのクレンジングを選んでしまいがちですが、あまり洗浄力の強いものだと皮脂を取りすぎてしまい、さらに皮脂が過剰に分泌され脂性肌が悪化してしまいます。肌に優しいクリームやミルクタイプのクレンジング剤を選ぶといいでしょう。

ただし、脂性肌の場合、皮脂や油分をしっかり落とすことは大事です。洗浄力の強いオイルタイプのクレンジング料を使う場合は、皮脂が過剰に出ているTゾーンやUゾーンだけに使い、他の部分はミルクやクリームタイプのクレンジングを使う、といった方法で使い分けをするといいでしょう。

普通肌

肌トラブルが特にない場合は、どのタイプのクレンジング料を使っても大丈夫です。ただし、季節や体調によって肌が弱っている場合や、刺激を受けやすいときもあります。そのような時には洗浄力の強すぎないクレンジング料を選ぶといいでしょう。

よく売れているクレンジング料だから、という理由だけでクレンジング料を選んでいると、肌に合っていない場合、肌トラブルを起こしてしまいます。メイクはしっかり落とすことが大事ですが、洗浄力が強いものが最もいい、とは限りません。肌質や肌の状態に合わせてクレンジング料を選ぶことが大事です。また、肌質は季節や年齢によって変わるものです。肌の状態をチェックして、そのときの肌に合ったクレンジング料を選びましょう。


ALPHA THREEのデイリーケア「メイク落とし」「洗顔フォーム」「洗顔ソープ」はこちら!