乾燥肌対策に化粧水を大量に使っていませんか?量よりも大切なことは保湿です!

「肌が乾燥している」と感じると、水分が足りていないと思い、化粧水をたくさんつけてしまう、という人もいるでしょう。しかし、それでは肌の乾燥は解決されません。大事なのは保湿です。保湿というのはどういったことなのか、知っておきましょう。

化粧水だけでは肌の乾燥は治まらない!

肌が乾燥しているのは肌に水分が足りなくなっているから、というのは正解です。通常であれば肌には水分保持機能がありますので、空気が乾燥していても肌は乾燥しません。しかし、水分が蒸発してしまう状態になっていると、肌が乾燥してしまうのです。水分保持ができる状態というのは、肌の角質層のバリア機能が正常に機能している状態です。バリア機能が正常であれば、外的刺激から肌を守り、水分を保持することができます。

バリア機能とは肌の一番外側にある皮脂膜の機能です。油膜を形成し皮膚に潤いを与えることで、外部からの刺激から、肌を守る働きをします。ところが、紫外線や生活環境、間違ったスキンケアなどによってバリア機能がダメージを受けてしまうと、水分が蒸発しやすくなったり、刺激を受けやすくなったりして、肌が乾燥してしまうのです。バリア機能が損なわれた肌に、化粧水などで水分をいくら補給しても水分はどんどん蒸発し、肌の乾燥は改善されません。

肌の乾燥を改善するにはバリア機能を正常に戻すこと

バリア機能を正常に戻すには、まず肌にダメージを与えないことです。クレンジング料や洗顔料、化粧水などスキンケアアイテムは低刺激のものを使用し、肌に刺激を与えないものを選びましょう。クレンジングや洗顔の際には、いつもよりていねいに洗うことが重要です。また、長時間の洗顔は肌に負担となるので、短めにしましょう。

そして大事なのが、保湿成分を補給することです。保湿成分配合の美容液やクリームを使い、肌を保湿することがバリア機能を正常に戻し、肌の水分保持力を高めて乾燥肌を改善してくれます。保湿化粧品はどのようなものがいいか、というと、重要なのは自分の肌に合っていること、保湿成分が十分に配合されているものを使うことです。

肌の乾燥対策にフラーレン配合の化粧品を使う

肌が乾燥する原因となるものに活性酸素があります。活性酸素は外部の刺激から細胞を守るために必要なものです。しかし、増えすぎると逆に細胞を傷つけてしまいます。特に紫外線を浴びると、活性酸素は肌を紫外線から守るために増えてしまいます。その結果、細胞が酸化し肌が老化するのです。シミができるほか、活性酸素によってコラーゲンやエラスチンが酸化し、肌の弾力やハリが失われシワができやすくなります。肌が乾燥するとともに、炎症が起こったり、皮膚ガンのリスクが高まったりします。

そんな肌トラブルを引き起こす活性酸素を取り除いてくれる成分があります。それがフラーレンです。フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素だけで構成され、小さいサッカーボールのような形をしています。強い抗酸化力はビタミンCの約172倍と言われ、美容業界においても注目されている成分です。美容皮膚科でも使用され、医療用としても研究されている期待の成分です。

フラーレンの抗酸化力の特徴は持続力です。フラーレンが他の抗酸化成分と異なる点は、活性酸素を吸着して酸化を防ぐことです。活性酸素は数多くの種類がありますが、フラーレンはさまざまな種類の活性酸素を吸着することができ、その効果は10時間以上と言われています。紫外線が強くても壊れることなく、その効果を発揮するのもフラーレンが注目されている点です。活性酸素を取り除いてくれるフラーレンは、乾燥肌対策にはおススメの成分です。

アルガンオイルで乾燥防止

モロッコの宝石とも呼ばれているアルガンオイルなら、乾燥対策がバッチリできるでしょう。古くから美容だけでなく治療面においても利用されてきた成分です。アルガンオイルに含まれるオレイン酸は、肌を柔らかくするとともに、乾燥肌から守りバリア機能を高めてくれます。

ビタミンEも多く、活性酸素を取り除く働きもしてくれるのです。ビタミンEは高い抗酸化力のほか、女性ホルモンを整えてくれる働きもあります。女性ホルモンのバランスが乱れると、肌は乾燥しやすくなるので、ビタミンEはそれを改善してくれるのです。血行促進効果も高く、肌への栄養や酸素もきちんと届けることができるようになり、肌の乾燥対策にもなります。また、バリア機能を高めてくれる不けん化成分も含まれています。アルガンオイルにはリノール酸も含まれ、不けん化成分と一緒にすることで、相乗効果が期待できると言われています。

肌が乾燥すると油分を補給する人がいますが、油分だけ補給をしても乾燥は改善されません。大切なのは油分と水分のバランスです。アルガンオイルには、細胞間脂質と結合し、油分と水分を蓄積させ、バランスを整えてくれる働きがあります。油分と水分のバランスが取れることで、肌のキメが整い、透明感が出てくるのです。アルガンオイルは皮脂と似た成分でできているため、肌への浸透性も高いです。肌の柔軟性を取り戻し、バリア機能を高めてくれます。

体内にある保湿成分を知っておく

みずみずしい肌を保つために重要な保湿成分。真皮層に含まれている保湿成分が、ヒアルロン酸やコラーゲンです。ヒアルロン酸は高い水分保持機能を持つ保湿成分です。代謝が早く、加齢とともに減少し60歳では新生児の約1/3まで減ってしまいます。近年では浸透力の高いヒアルロン酸も出ています。コラーゲンは束になって膠原線維となり、真皮構造を構成しています。親水性が高いのが特徴で、水分を離さないという性質があります。化粧品では真皮層まで浸透しないと言われていましたが、近年では低分子コラーゲンなども出てきています。他にも、弾性線維として弾力を保つエラスチン、水分含有力のあるヘパリン類似物質があります。肌の乾燥を改善するには、このような保湿成分が必要です。肌への浸透性が高い化粧品を選び、保湿成分を肌に補給してあげましょう。

肌の乾燥対策としては、化粧水をつけて水分補給をするだけではなく、保湿成分を与えてあげることが大事です。体内にある保湿成分をはじめ、フラーレンやアルガンオイルなど、肌の乾燥を防いでくれたり、バリア機能を高めてくれたりする働きのある成分も重要です。肌が乾燥する理由を把握し、肌に必要な成分は何かを見極め、肌に必要な成分を配合した化粧品を選ぶことで、肌を乾燥から守りましょう。

アルガンオイルを配合したALPHA THREEの商品はこちら!

フラーレンを配合したALPHA THREEの商品はこちら!