紫外線は皮膚にどういったダメージを与えるのか!?しっかりと理解し正しい紫外線対策を!

紫外線は肌に大きなダメージを与えるものです。紫外線対策をしなければ、肌は乾燥し、シミやシワなどの原因になります。一度できてしまったシミはなかなか改善できません。シミなどの肌荒れを起こさないためにも、紫外線対策をしっかりすることが大事です。効果的に紫外線対策をするのはどういった点に注意したらいいのか、ポイントを紹介しましょう。

紫外線のダメージを知り、朝の紫外線対策の重要性を確認

紫外線には紫外線A(UVA)と紫外線B(UVB)があります。UVAは肌に急激なダメージを与えることはありませんが、ダメージを蓄積させて、肌のハリや弾力を失わせるといった肌トラブルを引き起こします。さらに、肌のメラニン色素を酸化させ、肌のくすみの原因になります。UVBは肌へのダメージが高い紫外線です。短時間でも肌を赤くし、色素沈着を引き起こします。炎症やシミ、肌表面の細胞やDNAを傷つけ、皮膚ガンなどの危険性もあると言われています。

紫外線はシミやくすみの原因となるメラニン色素を過剰に発生させます。その結果、通常であれば新陳代謝において角質と一緒に排出させるメラニンがすべて排出できずに肌にとどまり、シミやくすみとなるのです。シミができてしまうと、簡単に消すことができませんので、シミができないようにすることが大事です。そのためには、紫外線対策が欠かせないのです。

朝のスキンケアで紫外線対策

紫外線対策の一つは日焼け止めを使うことです。日焼け止めなどを使うとともに、朝のスキンケアで使用するアイテムにおいても、紫外線対策ができる成分が配合されているものを使うといいでしょう。日焼け止めは肌へのダメージも大きいものですが、美容液や乳液、クリームなどに紫外線対策成分が配合されていれば、普段使い程度であれば、日焼け止めを使用しなくても紫外線対策が可能です。

フラーレンという成分は抗酸化力が高い成分です。フラーレンの抗酸化力はビタミンCの170倍にもなるほどです。紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素はメラニンを増加させたり、皮膚の酸化を悪化させたりして、シミやくすみなど肌荒れの原因になります。フラーレンはそのような肌に悪影響を与える活性酸素を取り除く作用があるのです。朝のスキンケアでフラーレン配合の化粧品を使用すれば、活性酸素を取り除き紫外線によるシミやくすみができるのを防ぐことができるのです。フラーレンは、新陳代謝によって余分なメラニンとともに体外に排出されます。そのため、肌に負担をかけることもありません。

紫外線対策は1年中必要?

紫外線の強さは季節ごとに異なります。UVAは5月に最も強くなり、12月には1番少なくなります。UVBは5月くらいから増え始め、強くなるのは6~8月です。春や秋は夏に比べると紫外線の量は約半分ですが、紫外線は1年中降り注いでいます。紫外線対策は夏だけではなく、1年中必要なのです。しかし、日焼け止めは紫外線予防の効果は高いのですが、肌に負担をかけると言われています。それを1年中塗っていれば、それだけ肌への負担もかかります。肌に負担をかけない成分によって紫外線対策ができれば理想です。

夏など紫外線が強い季節には、日焼け止めが必要ですが、それ以外の季節には肌への負担が少なく、抗酸化作用の高いフラーレンなどの成分が配合された化粧品を使うといいでしょう。紫外線対策のポイントは「ちょっとくらいは大丈夫だろう」と油断することです。紫外線は皮膚のDNAを傷つけ、そのダメージは少しずつ蓄積されていきます。ダメージが約30年続くと、シミが出始めます。年齢を重ねるとシミが目立ちやすくなるのは、そのためです。紫外線対策は油断せず、常に心がけることが大事です。

夜は紫外線で乾燥しやすくなっている肌をケア

夜は昼間、紫外線を浴びて乾燥してしまっている肌のケアをしっかりすることが大切です。紫外線は活性酸素を増やし、肌老化を進行させてしまいます。そこで、抗酸化作用が高く、活性酸素を抑制してくれる化粧品で肌をケアしましょう。フラーレンは抗酸化作用が高く、紫外線によって増えた活性酸素を抑制してくれます。また、日中紫外線を浴びた肌は乾燥していますので、夜は化粧水をしっかりつけて水分補給をしたうえで、保湿をするようにしましょう。フラーレンにはメラニン生成の原因となる成分を吸収する働きもありますので、色素沈着を防ぎシミやくすみを予防することもできます。

またフラーレンにはバリア機能を回復する働きもあります。紫外線は活性酸素を増やし、肌を乾燥させ、肌荒れを引き起こします。肌のバリア機能も低下している状態になりますので、それを高めることが必要です。フラーレン配合の化粧品で、肌のバリア機能を高めましょう。その結果、肌の新陳代謝が正常になり、コラーゲンの生成も促されます。保水力も高まり、弾力やハリのある肌になれるでしょう。

紫外線が強い春や夏は特に肌が乾燥したり、吹き出物ができたり、肌荒れがしやすい状態になります。肌がゴワついて硬くなっていることも多いものです。そのような肌には、角質ケアをしてあげましょう。ピーリングで古くなった角質を取り除いてあげることで、肌の新陳代謝が正常になります。肌のくすみも取れて、肌色もワントーン明るくなるでしょう。肌の弱い人は、専用のピーリング剤が刺激となってしまう場合もあります。肌の状態が弱っているときなどは、ピーリング用の洗顔石鹸がおススメです。洗顔石鹸であれば、肌に塗布している時間も短く、肌への負担もかかりません。肌に刺激を与えることなく、角質ケアができます。

肌の乾燥がひどい!日焼けをしてしまったなどの夜のケア

肌の乾燥がひどい場合には、浸透力の強い化粧水を使い肌の奥まで美容成分を浸透させることが大事です。化粧水をたっぷりとコットンに含ませたコットンパックをするのもいいでしょう。水分補給ができたら、保湿効果の高い美容液を塗り、クリームを塗って、しっかり保湿をしましょう。

日焼けをしてしまった場合は、肌がダメージを受けやすい状態になっています。いきなり化粧水などをつけると肌がヒリヒリしたり、肌トラブルの原因になったりするので、まずはよく冷やすようにします。刺激がおさまった状態で、化粧水やクリームなどをつけるといいでしょう。日焼けをしてしまった肌は、洗顔料なども刺激となることもあります。スクラブ入りの洗顔料や洗浄力の高い洗顔料などは控えた方がいいでしょう。肌を傷める原因となります。日焼けが軽度であれば、刺激の少ない敏感肌用の洗顔料で洗顔をします。洗う際には、洗顔料をよく泡立て、いつもよりていねいに洗うようにしましょう。

日焼けがひどい場合は、洗顔料を使うのもやめた方がいいです。ぬるま湯で顔を洗う程度にしておきましょう。そして早めに皮膚科に行って適切な処置をしてもらうことをおススメします。

紫外線は肌に大きなダメージをもたらします。それを防ぐことが美肌につながります。毎日のUVケアをしっかりすることが大事です。そのためにも、活性酸素やメラニンを取り除く働きのある成分が配合された化粧品を使ったり、保湿効果の高い化粧品を使ったりするようにしましょう。紫外線が強い日ばかりではなく、ちょっと外出する際にも、帽子をかぶったり、長そでを着用したりするなど、紫外線を肌に浴びない対策をすることも忘れないことが大切です。


紫外線対策に!フラーレンを配合した商品はこちら!