実は間違いだらけ?正しい保湿ケアで乾燥知らずの潤い肌に!意外と知らない間違った保湿ケア「乳液でフタをする」は効果がないって本当?

乾燥肌、敏感肌、ニキビなどの肌トラブルがなかなか改善しない場合、正しいと思っていた保湿ケアが間違っているのかもしれません。美肌のためには正しい保湿ケアが大切です。これまでは正しいと言われていたお手入れも、皮膚科学の進化とともに見直されています。最新の知識で保湿ケアを見直しましょう。

間違った保湿ケア

あなたがいつも取り入れているスキンケアの中に次のようなものはありませんか?一緒にチェックしてみましょう。

肌が乾燥しているときには、化粧水をたっぷりつける

「肌が乾燥しているときには、化粧水をたっぷりつける」のは、水である化粧水をつけても蒸発してしまうので間違いです。何度も化粧水をつけることで、皮膚がふやけ、肌本来の保湿成分まで溶け出してしまいます。「シートマスクで化粧水をじっくり浸透させる」というのも、化粧水は蒸発してしまいますのでNGです。シートマスクやコットンに化粧水をつけて乗せていると、時間とともに肌の水分も蒸発します。

化粧水の蒸発を防ぐために油分でフタ

では、「化粧水の蒸発を防ぐために油分でフタ」をすればいいのでは、と思いますが皮膚科学的には油分の保湿力は高くないそうです。乳液やクリームをつけても、隙間から水分が蒸発します。肌を滑らかに柔らかくするためには、乳液やクリームは使用した方が良いですが、保湿効果は完全ではありません。

オイリー肌、ニキビ肌には乳液は使わない

「オイリー肌、ニキビ肌には乳液は使わない」というのも、場合によっては間違いです。それは乾燥が進んでもオイリー肌になることがあるからです。乾燥がひどいと肌を守ろうとして過剰に皮脂を分泌します。乾燥によるオイリー肌のときは、保湿をしっかりとする必要があります。ニキビなどの症状が悪化したときは、使用量を減らすなど工夫してください。

肌のうるおいを守るため、しっとりタイプの洗顔料を使う

「肌のうるおいを守るため、しっとりタイプの洗顔料を使う」方も多いと思います。しっとりタイプのものが、洗い上がりがうるおっている気がするのは、油分です。油分が肌に残ると、皮脂やメイク汚れなどが残っていても気づきにくくなります。

さらに、洗顔後の化粧水も浸透しません。洗顔の目的は、汚れを落とすことなので、うるおいを期待しない方が良いでしょう。「クレンジングは入念に」行っている方も、肌荒れの原因になります。強いクレンジング剤で時間をかけて洗顔すると肌に必要な皮脂まで流れてしまいます。ときには角質まで剥がれてしまうことも。洗いすぎを防ぐために、クレンジングは1分程度で済ませましょう。

スプレー化粧水を使っている

「スプレー化粧水を使っている」方も危険です。乾燥した肌にスプレーを吹きかけると、潤った気がしますが、蒸発します。肌の水分も一緒に蒸発するので、ますます乾燥してしまいます。保湿したい場合は、乳液の方が良いでしょう。ただ、乳液もたっぷりつけすぎると逆効果です。油分が肌で酸化し、老化を進めます。

血行促進のためのマッサージ

「血行促進のためのマッサージ」は、乾燥肌には刺激になります。こすりすぎは角質層を傷つけて、肌の保水能力を低下させ、見えない炎症を起こしてシミになることもあります。肌にとって摩擦は大敵なので、スキンケアはとにかくやさしく、力を入れずに行いましょう。

乾燥肌が慢性化する原因

乾燥肌が慢性化する原因

間違ったクレンジングやマッサージによる摩擦、紫外線などによって皮膚がダメージを受けると、非常事態だと判断し、角質細胞の増殖スピードが上がります。急いで作った角質は未熟なため、十分なバリア機能を持ちません。その状態で間違ったスキンケアを続けると保湿力の低い、未熟な角質層を生み出し続けます。こうして乾燥肌が慢性化してしまうのです。なかなか改善しない場合は、スキンケアを見直し、それでも改善しないときは皮膚科で相談する方がよいでしょう。

正しい保湿ケアをしましょう

正しい保湿ケアをしましょう

そもそも保湿とは、肌表面の水分を保つ、ということではなく、肌の内側にある角質層の水分を保つということです。角質層の水分を保持することで、うるおった透明感のある肌になります。保湿ケアで意識しなければならないのは、皮脂、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質の3つです。これらがうまく機能しないと角質層の水分は不足し、乾燥します。さらに、加齢によって保水力は低下していくので乾燥はますます早まります。

保湿効果のある成分はたくさんありますが、それぞれの特徴を知ることによってより効果的な保湿ケアができます。まず、おすすめなのが「アロエベラ葉エキス」です。アロエベラは地中海沿岸や西インド諸島のバルバトス島が原産で、葉や果汁を乾燥させたものから抽出されます。保湿作用、消炎作用、皮膚の保護作用がありますので、お肌のハリ、ツヤを保ちます。アロエベラの葉肉がトロトロしているのはムコ多糖体によるもので、ムコ多糖体には肌の水分を保持する働きがあります。さらに、肌の奥にある繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けます。シワ改善の効果があります。抗菌、抗炎症の作用によって、アクネ菌を殺菌し、できてしまったニキビの炎症を抑えます。紫外線による炎症にも効果があります。

「加水分解ヒアルロン酸」は、ヒアルロン酸に加水分解を施し低分子化したマイクロタイプのヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は肌にもともと存在している成分で、保湿力の高いものです。肌の表面の水分をキープする働きがありますが、加水分解ヒアルロン酸になることで、角質層の奥まで浸透し、もちもちで弾力のある肌へと導きます。技術の進歩で高濃度の配合が可能になり、これまでのヒアルロン酸から約2倍の保湿力が期待できます。高保湿なのにべたつかないのも特徴です。

「アルガンオイル」は、モロッコの乾燥地帯に生息するアルガンツリーの種の核から採取される希少なオイルです。1本の木から1リットルしか採取できません。現地では治療薬として利用され「生命の実」と呼ばれています。オイルはべたつくイメージがありますが、アルガンオイルはさらっと、しっとりします。肌に浸透しやすく、オイルのにおいもありません。肌の保湿はもちろん、ターンオーバーにも良い影響があります。アルガンオイルは植物オイルの中でも独特な組成を持っていて、オレイン酸、リノール酸、ステアリン酸、パルミチン酸などを含みます。この、自然にできた絶妙なバランスで肌に最適なオイルと言われています。

お肌の保湿、スキンケアのまとめ

これまでの、化粧水をたっぷりつけて乳液、クリームでフタ、というお手入れが不十分なことがあります。乾燥肌を改善するには、保湿効果の高い成分が配合された化粧品を選ぶことが必要です。ご紹介した成分には、保湿のほかに抗酸化作用や刺激の緩和などの効能もあるので、ぜひお試しください。


加水分解ヒアルロン酸・アロエベラ・アルガンオイルを配合したALPHA THREEの商品はこちら!