コラーゲン増加が期待できる化粧品でシワの本格化を予防

肌の悩みとして、目じりなどのシワやほうれい線なども深刻なものとして挙げられます。シワができるのは、真皮内のコラーゲンが減少するなどして肌の弾力が失われるためです。シワが本格化する前に、コラーゲンを増やすことで改善が期待できます。コラーゲンの仕組みや、コラーゲンを増やすための美容成分とはどのようなものでしょうか。

コラーゲンは肌の弾力をになう組織

肌の組織として存在するコラーゲンは、真皮の中にあります。真皮を構成する主な組織として重要な役割を果たしているのです。その形状は繊維状のタンパク質の束であり、網目のように張り巡らされています。このコラーゲンをつないでいるのが、エラスチンと呼ばれる繊維状のタンパク質です。

この真皮の構造はスポンジ状となり、肌に弾力を持たせるのに一役買っています。弾力やハリのある肌はコラーゲンの存在によって維持されているのです。さらに、コラーゲンとエラスチンの間にはヒアルロン酸などのゼリー状の組織があり、水分を保持するのに役立っています。これらの真皮内の組織を生成するのは、線維芽細胞と呼ばれる細胞です。この細胞の活動が活発になることで、常に新しい組織が生まれているのです。

コラーゲンが減少するとどうなるか

真皮内のコラーゲンは、乾燥や紫外線の影響、また加齢といった要因で劣化していきます。コラーゲンの劣化が起きるのは、線維芽細胞の働きが前述のような要因によって弱まってしまうためです。そうなると、表皮を支えることができなくなり、さらに弾力も失われていくため、しぼんだような肌になっていくのです。

肌の表面を作っている表皮は、真皮によって支えられています。真皮に弾力があることによって、表皮にもハリや弾力が生まれるのです。真皮の組織が劣化していくと、表皮を支えることができなくなってしまいます。真皮が支える力をなくした表皮は、どんどんたるんでいきます。その結果、深いシワの原因にもなりかねないのです。一度深く刻まれてしまったシワはなかなか改善できるものではありません。そのため、まだ小ジワ程度で済んでいるときに対策を行って、コラーゲンを増やすようにすることが大切なのです。

化粧品に含まれる美容成分は、基本的に真皮に直接働きかけることはありませんが、表皮の役割を正常に保つことで真皮にダメージが及ぶことを防ぎ、コラーゲンの劣化を抑えたり、コラーゲンを生成する線維芽細胞の力を守ったりすることができます。コラーゲンは年齢と共に減少していくので、食事やサプリメントで補うことも必要ですね。

アロエベラ葉エキスは高い保湿効果でうるおいを与える

昔から肌の傷や炎症などを癒すために用いられてきたのがアロエベラですが、これには非常に高い保湿効果があることがわかっています。また、肌を紫外線から守る効果があるため、紫外線の刺激によって真皮内の線維芽細胞がダメージを受けるのを防ぐことができるのです。

紫外線の影響でシワができてしまうといわれているのは、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸などの組織がダメージを受けるとされているためです。アロエベラ葉エキスで紫外線の影響をブロックすれば、真皮内の組織がダメージを受けることもなく、線維芽細胞の働きも守られるため、コラーゲンを正常に生成することができるようになります。アロエベラ葉エキスには血流を促進する効果もあるといわれていますから、もし小ジワができてしまったとしても、ターンオーバーを正常に導き、小ジワを改善することが期待されます。

バリア機能をアップするアルガンオイルで肌細胞を守る

肌を外的刺激から守り、水分を閉じ込める働きをしているのが、角質細胞の間にある細胞間脂質です。細胞間脂質がきちんと角質細胞をつなぎとめることによって、バリア機能が守られているのです。そして、そのバリア機能を助けるといわれているのがアルガンオイルです。

細胞間脂質を生成するには、必須脂肪酸であるリノール酸が役に立つとされています。アルガンオイルにはこのリノール酸、またオレイン酸といった必須脂肪酸が豊富に含まれているため、肌のバリア機能を維持する効果が期待できるのです。バリア効果が維持されれば、肌が刺激を受けることなくうるおいも保たれます。これにより、真皮へのダメージを抑えることができ、線維芽細胞を守ってコラーゲンの生成も正常に行われるのです。

フラーレンで活性酸素を除去して細胞を元気に

シワやたるみなどの肌が老化する原因は、肌に活性酸素が増加して肌にダメージを加えるためともいわれています。活性酸素によって酸化した肌は、組織や細胞の生成をうまく行うことができず、どんどん劣化してシワやたるみを作ってしまうのです。この酸化を防ぐ強い効果を持っているのがフラーレンです。

フラーレンは炭素のみでできた分子であり、化粧品に配合されるときは水溶性に改良されたものを使用します。美容成分としてのフラーレンは肌に浸透するようにできています。このフラーレンは、肌の中の活性酸素を吸着し、肌の外に追い出してくれる効果があるのです。活性酸素が取り除かれた肌の細胞は、再び活気を取り戻します。表皮細胞が元気になれば、ターンオーバーがきちんと行われて乾燥や外的刺激に強い肌になりますから、結果的に真皮内の線維芽細胞にダメージが及ぶことなく健康に保てるわけです。

AHAを含んだファーメンテージ・シャルドネBで弾力を

白ワインの原料になるブドウとして知られている品種・シャルドネから生成される美容成分がファーメンテージ・シャルドネBです。シャルドネの果汁を乳酸菌で発酵することで作られます。このファーメンテージ・シャルドネBには、フルーツに多く含まれるフルーツ酸(AHA・α-ヒドロキシ酸)が豊富にあります。フルーツ酸は、肌の角質を柔らかくして古い角質を取り除く効果があるといわれているのです。

古い角質がたまっていくと水分を保持しにくくなり、小ジワの原因となってしまいます。ターンオーバーが正常に行われず小ジワができてしまうと、それがさらに深くなってしまうことも考えられます。フルーツ酸の効果によって肌は生まれ変わり、ターンオーバーを促進させてくれるのです。こうして健康になった肌は、真皮にダメージが加わることを防いでくれます。

マトリキシルはコラーゲンの生成を助ける

肌を構成するタンパク質のもととなるアミノ酸のひとつがマトリキシル(パルミトイルペンタペプチド-4)です。アミノ酸にもさまざまな種類があり、体内に存在するものもありますが、マトリキシルは私たちの体では生成できないアミノ酸であり、外から補給することとなります。

基本的に美容成分は表皮までしか浸透しませんが、マトリキシルは真皮にまで届く素粒子であるため、真皮内の線維芽細胞に働きかけることができるとされています。そして線維芽細胞の活動を活性化させ、コラーゲンを生成することができるといわれているのです。このマトリキシルの働きは、コラーゲンを増やすのに非常に有効といえるでしょう。これによって肌は弾力を取り戻し、できかけていたシワを改善することが期待されます。

真皮内のコラーゲンは、乾燥や紫外線などの外的刺激、また体内の活性酸素の影響によって劣化してしまう可能性があります。コラーゲンの劣化を防ぎ、新しいコラーゲンを作る力を発揮させることがシワ改善のカギとなるのです。今回紹介した美容成分は、表皮を強くしてくれることで真皮の働きを守ったり、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンを増やす助けをしてくれたりします。これらの美容成分が含まれた化粧品を上手に使うことで、シワが本格的に深くなってしまうのを予防できると考えられるのです。

コラーゲン増加が期待できるALPHA THREEの商品はこちら!