できたしまったシミにはピーリング!その効果とケアの方法を紹介します!

「肌にシミができてしまい、なかなか薄くならない」「シミができそうなので何か対策をしたい」と思っている人におすすめしたいスキンケア方法がピーリングです。シミ予防やシミケアの方法として多くの人が注目し実践している「ピーリング」は、肌細胞の生まれ変わりに役立つ肌ケアのひとつの方法で、本来肌が持っている再生の働きを助けるケアになっています。ここではシミのケアと予防をするためのピーリングについて解説します。

ピーリングとは?

全身の新陳代謝が年齢と共に落ちていくように、肌のターンオーバーも次第にスムーズではなくなってくるものです。そのため、うまく肌の生まれ変わりができなくなって古い角質がたまった状態になり、美容面などで悪影響が出るようになってきます。このように、自分の力で古い角質を落とし、新しい肌細胞に変えることが難しくなった肌の手助けが「ピーリング」です。ピーリングに適した成分を使ったケアにより、古い角質をきれいに落としていきます。

角質がたまるとシミが濃くなる?

古い角質がたまっていくと次第に厚さが増し、硬くなっていきます。すると重なった古い細胞により、「肌の色がくすんでしまう」「キメが粗くなる」「化粧ノリが悪い」「化粧水の浸透が悪い」などの症状が現れてくるでしょう。シミも古い角質がどんどん重なっていくことで濃くなる可能性があります。なぜならシミは、紫外線があたることで生成されたメラニンが色素沈着したものです。そのため、色のついた細胞が取り除かれずたまっていけば色が重なって次第に濃くなっていくことが言えるからです。従って、肌の新陳代謝のダウンにより古い角質がたまることで良いことは何ひとつありません。

ピーリングに使われる成分

シミ予防やできてしまったシミの改善を期待するのなら、ピーリングを行うことがおすすめです。自宅で市販のピーリング専用商品を使ってケアする方法の他にも、美容皮膚科で専門的な治療を受ける方法があります。まずは自分でできるケアについて説明しましょう。自宅で行うピーリングの場合、市販のピーリング化粧品を使ってケアを行います。石鹸やジェル、化粧水のようなタイプで販売されているのでお好みのものを用意しましょう。ピーリングを目的にした製品の中にも違いがあるので、自分の目的に合ったものを選ぶことがシミ対策に役立つはずです。もし石鹸タイプを選んだのなら、使用頻度は週に1回程度を目安にします。ちなみにできてしまったシミのお手入れは、クリニックで相談をしてからホームケアを行った方が確実なので、医師に相談して自宅ケアを併用するという方法がシミ改善には役立つでしょう。

ファーメンテージ・シャルドネB

ファーメンテージ・シャルドネBの「シャルドネ」とは、世界最高のワイン用ぶどうの品種を指し、フランス・ブルゴーニュ地方で高級白ワインを作る時に使用されるものです。シャルドネ果汁と乳酸菌による発酵液で、ピーリング専用製品によく配合されているAHAをたっぷりと含んでいます。ちなみにAHAの中でもブドウから抽出されたものは「酒石酸」と呼ばれています。ファーメンテージ・シャルドネBの原液は、甘くて軽い白ワインのような上品な香りがあることも特徴のひとつです。そしてファーメンテージ・シャルドネBの働きは、「皮膚の弾力改善」「優しいピーリング効果」「肌のツヤと透明感のアップ」で、原料が白ブドウということからも天然で肌に優しいお手入れが期待できます。

AHA

自宅で使えるピーリング専用商品を探そうとした時、よく目にするのが「AHA」でしょう。AHAとは「アルファヒドロキシ酸」の略で、リンゴ・柑橘類・サトウキビなどに含まれている天然成分です。別名「フルーツ酸」とも呼ばれ、古い角質を新しい細胞へ生まれ変わらせる肌のターンオーバー促進に役立つ成分です。AHAが古い角質に働きかけて剥がしやすくし、優しく落とすことで、強く肌の細胞を傷つけることなく自然な肌の再生を手伝ってくれるのです。さまざまなピーリング成分がありますが、その中でもAHAは優しくケアする働きを持っているので、効果が高いうえに安全性も備えている安心して使える成分といえます。しかもAHAを含んだピーリング向け製品は、ショッピングセンターやドラッグストアなど身近なところで購入しやすいところも魅力のひとつです。

どのタイプのピーリング製品を使うべき?

自宅でのピーリングには、身近なドラッグストアなどで購入できる製品を使って行いますが、その製品の種類には「塗ってから洗い流す」「塗ってからこすり落とす」「つけたままにする」といった使い方で化粧品の種類分けができます。石鹸タイプは、固形やフォーム状になっており洗顔料を使うのと同じように使える簡単なケアグッズです。ピーリング効果についても比較的優しく、初めて行う場合にはおすすめです。塗って洗い流すタイプは、石鹸のように泡立てることなく化粧水や美容液のように肌へつけて水で洗い流すもので、石鹸よりピーリング効果が高めなので週1回程度の頻度が安心です。

塗ってからこすり落とすタイプはジェルやクリームを肌につけ、クルクルと円を描くように優しくこすってマッサージしながら古い角質をおとしていくものです。ぽろぽろと垢のようなものが出てくる方法で、同じように週1回ほどの頻度が望ましいでしょう。最後に洗い流さないタイプは、洗顔後化粧水などと一緒に肌へつけるだけでケアは終了です。角質を柔らかくしたり、古くなった角質を落としやすくしたりするものの、ケアの中で古い角質を落とすことはしないので、石鹸でのピーリングでも刺激を感じる場合はこの方法がより刺激が少なくおすすめです。

ケミカルピーリングとは?

美容クリニックで行われているケミカルピーリングは、気になる部分に薬剤を塗り角質をはがす治療法です。ここで使われる薬剤はAHAやサリチル酸などで、市販のピーリング専用製品にも使われているものですが、濃度が違います。ケミカルピーリングは、皮膚科などの専門医によって行われる高濃度の成分を使用した「治療」になります。中には高濃度の成分を、個人的に海外から輸入する方法も聞かれますが、安全性に保障がないのでやめておいた方がよいでしょう。いくら天然の成分であっても、濃度が高い酸になるのでどのような危険を伴うのか素人ではわかりません。そのため、ケミカルピーリングは専門医の手によって必要に応じて行われるべきです。そして、クリニックでケミカルピーリングを受けたあとは、一層乾燥に注意ししっかりと保湿するようにしましょう。それに、おおわれていた古い角質などがごっそりなくなることで、まだ刺激に弱い角質がむき出しの状態になるため、紫外線があたらないよう肌を隠す対策も怠らないことです。

シミは紫外線によって生成されたメラニン量が過剰な場合に、角質に色素沈着して起きてしまいます。それに古くなった角質がたまるとシミは濃くなったり、大きくなったりする場合もあるのです。このようなシミの悪化や発生を予防するためには、適度にピーリングを行って古い角質を適度に落とし、優しく紫外線から肌を守ることがポイントになります。できてしまったシミの場合は、美容クリニックで専門医に相談した上でホームケアを併用する方法もあります。

ファーメンテージ・シャルドネBを配合したALPHA THREEの商品はこちら!