フラーレンやEGFで新しくできるシミを予防しよう!

シミが肌にできてしまうと、どれほど小さなものであってもショックを感じるのではないでしょうか。ましてや今までシミがなかった場所に、できてしまった時のショックは大きいことでしょう。しかし、毎日のスキンケア方法などを見直すことで、シミ予防に取り組むことができ、シミ発生の抑制につながります。ここでは、新たなシミを作らないためのシミ予防に役立つ成分や予防法をご紹介します。

美白化粧品でケアする

「美白」という言葉を使った化粧品が多数販売されていることもあり、「美白」と聞くと肌の明るさがアップするイメージを持つと思います。美白化粧品とは自由にうたってよいものではなく、ビタミンC誘導体など厚生労働省認可の成分を使用し承認を受けていることが必要になります。その認可をうければ「美白」の他に「薬用」「医薬部外品」という言葉もつけることが許されるので、それらの言葉がつけられた化粧品を選ぶとシミ予防を期待できるでしょう。ただし、シミ予防の成果については個人差があるので、国が「良し」としたからとはいえ、絶対的なものではないことを知っておきましょう。

フラーレン配合化粧品を使う

フラーレンもシミ予防に役立つ成分のひとつで、世間から注目を集めており、たくさんのフラーレン配合化粧品が登場しています。フラーレンとはサッカーボールのような形状をした成分で非常に小さく、ダイヤモンドと同じように炭素だけで構成されている特徴のある成分です。フラーレンの大きな特徴は強い抗酸化力にあり、その力はビタミンCの約170倍で活性酸素除去に威力を発揮します。活性酸素とは細胞の老化を招く物質で、シミ発生の原因にもなります。活性酸素を除去することができれば、新しく健康な細胞の状態を長く維持することが期待できるのです。よって、アンチエイジングにも役立ちます。それに、肌細胞が健康になればバリア機能も回復しやすくなり、紫外線などの刺激を受けてもダメージから回復しやすくなるでしょう。

フラーレンが活性酸素を取り除く仕組みは、活性酸素を自らに吸着させて無害化します。活性酸素を吸着した途端に無くなったり変質したりということはありません。他のシミ予防成分の多くは、自らが活性酸素と結びつくことで除去したり結びつきの過程で活性酸素が発生してしまったりという短所を持っています。フラーレンにはその短所がないのです。しかもたくさん活性酸素を吸着したフラーレンは、肌のターンオーバーで古くなった細胞と共に体外へ出されるので体内に残る心配もないでしょう。それにフラーレンは変質しにくい特徴から長時間肌に残ることができ、最大で約11時間その働きを持続できると言われています。例えば朝のメイク前のスキンケアでフラーレン化粧品を使っておけば、夜帰宅する頃まで肌を紫外線や乾燥から守る働きが続くことが期待できるのです。

それからシミ予防の他に、日焼けした時の紫外線ダメージで起こる炎症をやわらげる働きもあるのです。安全性の高い成分なので、炎症を鎮める働きや長時間肌につけておくこともできるといえます。とても安定した優秀な成分といえるので、一年を通して使うには適した成分でしょう。

EGFを使った化粧品でお手入れする

EGFはEpidermal Growth Factorの略で上皮成長因子のことをさし、タンパク質の一種で細胞の成長促進やその働きを整える作用を持っているものです。人が本来持っている成分で唾液や母乳の中に多く含まれています。肌の再生医療の分野で研究されてきたEGFは、生産技術が進んだことで、医療だけでなく化粧品にも利用可能な価格になりました。それで、EGFを含む化粧品も多数発売されるようになりました。化粧品に含まれるEGFは、肌細胞を活性化させることでシミを予防し、黒ずみの改善に役立つといわれています。ちなみに美容成分でのEGFは「ヒトオリゴペプチド-1」と呼ばれ、厚生労働省から2005年に化粧品への配合が認可されました。

EGFを使った化粧品は全てが同じ量を含んで作られているわけではないので、適正なEGF配合濃度と品質であるかどうかを確認して使用しましょう。成分表示を確認してその中に「ヒトオリゴペプチド-1」と書かれていればEGFは含まれていることになります。パッケージなどに「EGF化粧品」と書きながらも働きが似た成分を使っているだけの製品もあるため注意が必要です。

EGFを化粧品から肌にとりこもうとする場合、たくさんつけても必要な分しか浸透しないのでつけすぎによる影響は特にない安全な成分です。多くつけてムダにせず、適量を守って長く大切に使いましょう。ただし敏感肌の人は、EGF以外の配合成分により肌荒れを起こす可能性があるので無添加のタイプを選び、使い始める時には少量で肌に合うかどうか確かめてから使うようにします。そしてアトピー性皮膚炎の症状がある場合は、すでに刺激に敏感になった肌がEGF化粧品を使うことで、ニキビがたくさんできたり、肌にかゆみが現れたりするケースもあるので、同様に少量で試してから顔全体につけましょう。

しっかりと保湿をする

肌が乾燥すると紫外線ダメージを受けやすくなりシミが発生しやすくなってしまいます。それに、紫外線のダメージを受けることで肌が乾燥し、新たなシミができやすくなるのです。肌を紫外線ダメージから守ったり強く保ったりするために、日頃からしっかりと保湿を行いましょう。美白ケアやブライトニングケアの化粧品を使うこと以外にも、たっぷりと肌に保水させることも大切なポイントです。それに、肌へ有効成分をしっかりと浸透させるためにも保湿は重要です。美白化粧品などを使う前には化粧水でよく保水してからつけるようにすると、よりスムーズに浸透することが期待できます。美白ケア化粧品などは成分が濃く高価なものが多いので、成分をムダにしないためにも最初の保湿ケアを怠らないようにしましょう。

きちんと睡眠をとる

睡眠は体を休め健康を保つために必要です。シミを防ぎ肌のターンオーバーをスムーズにするためにも睡眠は欠かせません。肌の再生を促すほか、皮下組織の水分を保つ働きもスムーズにするためには、入眠後3~4時間の間に熟睡することがポイントです。美白化粧品やEGFなどの成分が配合された化粧品の作用をよりしっかりと引き出し、ターンオーバーを促すためにも、質の良い睡眠をとることが必要になります。そのためには、眠る2~3時間頃にゆっくりと入浴し汗が引いてから横になることです。このリズムは、体温が下がっていく時に眠くなる人間の体のメカニズムに合わせて考えられているのです。

シミのない美しい肌を保つためには毎日使うスキンケア化粧品の成分に目を向けてみましょう。新しくスキンケア化粧品を見直すのなら、今回ご紹介した優秀な成分が配合されたものの中から肌に合ったものを使ってお手入れしてみてはいかがでしょうか。数多くの化粧品が登場しているので、肌と目的にあった化粧品が見つかるはずです。また、シミ予防の成分が配合されているかをチェックするほか、健康な肌のメカニズムを維持するために健康的な生活を送ることが大切です。

フラーレンを配合したALPHA THREEの商品はこちら!

EGFを配合したALPHA THREEの商品はこちら!