できてしまったシミのタイプに合わせたお手入れを!

キレイなお肌でいるためには毎日のチェックが欠かせません。でもその時に昨日までは気づかなかったシミを見つけてしまったらショックを感じるのではないでしょうか。しかしシミはタイプを知り、それに合わせた対策や治療法を行うことで少しずつ改善することが期待できるのです。こちらではシミの種類とできてしまう原因、治療方法について解説していきます。

老人性色素班

シミといえば一般的なのが老人性色素班で、薄茶色の斑点のようなものが肌にできます。紫外線が原因のため、年齢を重ねるほど増えやすくなるシミで、できやすい場所は頬骨の高くなったところやこめかみで、大きさは数mmから1cmほどと大きさに多少の差があります。日本人の場合、40代前後から多く目立つようになりますが、体質によっては20代でもたくさんのシミに悩まされることもあるのです。

紫外線を浴びることで人の体が本来持っている防御機能が働き、メラニン細胞が活性化されます。日焼けをした時に肌が黒くなるのはこの働きのためですが、紫外線が肌の奥深くまで入り込み細胞を傷つけないようにしているのです。しかし時間が経つと次第に肌色が薄くなって元に戻るのはターンオーバーによりメラニン色素が体外へ排出されるためですが、年齢と共にターンオーバーもスピードが遅くなってきます。すると、メラニン色素がうまく排出されず沈着し、老人性色素班となって残ってしまうのです。

肝斑(両頬の左右対称にできる薄茶色のシミ)

肌にできてしまったシミが肝斑かどうかを確かめるには、目尻の下あたりに左右対称にあるかどうかチェックしてみましょう。濃淡が均一なシミが広がっていればそれは肝斑かもしれません。肝斑もシミに悩む女性の中でも多い症状で、30代から40代に起こることが多いようです。逆に60歳以上の高齢になってからできることはあまりなく、むしろ肝斑は次第に薄くなっていくでしょう。閉経と共に肝斑が初めてできるという心配はありません。

高齢になるほどできにくくなる肝斑は女性ホルモンの分泌バランスが乱れることが原因と言われており、ホルモンバランスを崩れさせる原因には妊娠や経口避妊薬が考えられています。また大きすぎるストレスを抱えることも肝斑を引き起こしやすくなるのです。

雀卵斑

雀卵斑はスズメの卵の柄のような模様が肌にできるためその名がついています。鼻を中心とした周りに茶色の斑点が細かく広がった状態です。そば殻に似ていることから、そばの実を取ったかすという意味で「そばかす」とも言われます。雀卵斑は5歳くらいの時に最もできやすく、思春期になった頃再び目立ちやすくなります。

雀卵斑ができてしまう原因は、紫外線と人体の防御機能であるメラニンの生成であり、肌の色が白い人ほど防御機能は働き雀卵斑ができやすくなります。日本人のような黄色人種の肌は、比較的そばかすはできにくいのですが、シミにはなりやすいと言えるのです。そして、そばかすがある状態で長く紫外線にあたると、色が濃くなる可能性も高まってしまいます。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は「老人性イボ」とも呼ばれる良性の腫瘍で、放置しておいても何か病気になるという心配はないものの、美容面では気になってしまう存在です。角化が進んで隆起しできるシミで数が少なく小さいうちは、ホクロ、もしくは皮膚がんに進行する恐れのある日光角化症、さらには皮膚がんである悪性黒色腫との見た目と似ており、見分けが難しくなります。もしホクロにも見える心配なシミを見つけたら、皮膚科医に診断してもらうことがおすすめです。素人ではなかなか区別がつかないものですが、医師の目であればほとんど見分けることが可能で、もし悪性の疑いがあればすぐに検査を勧められ、治療を早く始めることができます。

遅発性両側性太田母斑

シミは褐色であるという認識だけの場合、青黒い跡のようなシミができると心配する人がいるかもしれません。頬にできることの多い青黒いシミが遅発性両側性太田母斑です。初めは米粒大くらいの大きさからでき、次第に大きくなる可能性があります。生まれつきの青黒い跡は皮膚の深い部分にできたアザが原因ですが、それに似ているために「太田母斑」という名称がつけられているのです。遅発性両側性太田母斑はいつできやすいかと決まった年齢はなく、生まれてすぐできる場合もあれば成人してからできてくることもあります。

皮膚科での治療内容

どのタイプのシミについてもレーザーを使った治療が有効とされており、その治療法は細分化されています。老人性色素班は特定の色素にだけ反応するQスイッチルビーレーザーやYAGレーザー、肝斑は低出力でのレーザー照射、脂漏性角化症や、遅発性両側性太田母斑はフラッシュレーザーを用いて治療を行うのが一般的と言われています。それから雀卵斑は外用薬での治療が主流ですが、優しい光を広範囲へ照射するフォトRF、特定の色素に向けて作用するYAGレーザーを症状によっては使うこともあります。

脂漏性角化症の場合は治療方法が状態によって変わりますが、場所や大きさなどによっては炭酸ガスレーザーによる切除も方法のひとつです。切除する深さを繊細に調整でき、根本的治療も可能なので特に顔の治療には候補とされるものになります。また、あまりに患部が大きいと医師が判断した場合には電気メスを使った切除術が勧められることもあるでしょう。

しかし、それぞれのシミのタイプが重なっている場合もあり、この時は治療方法が複数取られるでしょう。どの方法を選ぶかは皮膚科医師の判断によるので、状態を見ながら提案された治療方法を行うかどうか一緒に相談して進めていきましょう。

ごく軽い場合はセルフケアの方法も

美白に良いと言われるセルフケア化粧品は非常に数多く出回っていますが、気になるシミのある肌をきれいにするためには美白成分が配合されたスキンケア化粧品を選ぶことがポイントになります。ではどのような成分に注目するかというと「フラーレン」です。フラーレンは活性酸素除去やバリア機能の回復のほか、紫外線を防いでシミを予防する働きが期待されており、継続して使うことでより予防にまで期待が持てるでしょう。しかし、遅発性両側性太田母斑は美白化粧品でのセルフケアでは効果が出ず、脂漏性角化症は改善しないどころか悪化の危険性もあるので、判断に迷う時は皮膚科医の診断を受けてからセルフケアを行いましょう。

今自分が悩まされているシミはどのタイプにあたるかを判断してから、どのように治療やケアを行うか決定することが必要です。もし、簡単に美しくなりたいからと、美白成分配合の化粧品をほんの少しだけ短期間使っても効果は期待できないでしょう。なので、肌にできてしまったシミを改善し美しい肌を手に入れるためには、まず皮膚科医へ相談してみることはおすすめです。健康な肌であれば、シミ予防の美白化粧品でスキンケアを地道に続けていくことが大切なポイントになります。肌のターンオーバーは毎日の過ごし方と、お手入れによって変わってくるので、毎日の生活習慣がシミのないきれいな肌へのカギになるのです。

フラーレンを配合したALPHA THREEの商品はこちら!