美肌には保水が重要!でももしかして、保水した“つもり”になっていませんか?意外と知らない保水の基本と注意点と正しい方法!

「保湿ケア」とは、肌が湿った状態を保つためのケアのことです。一般的には、ナイトクリームなどでのケアになります。補った水分が蒸発しないようにフタをする役割です。一方、「保水ケア」とは、肌に水分を維持する力を伸ばすケアのことです。保水力が低下した肌は乾燥し、老化も進んでしまいます。敏感肌にも傾きやすく、トラブルの原因になります。乾燥肌を改善するには、どのようにケアすれば良いのでしょうか?

間違った「保水」していませんか?

乾燥肌は、多くの人の悩みです。乾燥すると肌は敏感になりトラブルの原因となります。刺激に弱くなり、ニキビができる、などといった問題のほかに、毛穴の開き、シワ、くすみにもつながります。年齢とともに保水力は低下しますし、間違った洗顔方法でも乾燥します。保水力が低下した肌に化粧水をいくら叩き込んでも、保水力が弱まっているので水分は肌から溢れて蒸発するのです。クリームで蓋をすればいい、と思っても肌が濡れている状態で塗るなど、間違ったスキンケアでは、保水できません。

ありがちな間違いスキンケアとして、化粧水をとにかく叩き込む、ローションパックをする、といった方法があります。お肌に良いように思えますが、水分をどんなに補給しても、保水力がなければ蒸発してしまいます。また、日中に保湿ミストを使うのもNGです。水分が蒸発するときに、肌に元々あった水分まで一緒に奪ってしまいます。また、乾燥肌だからと、角質ケアをしないのも問題です。なるべく刺激はない方が良いのですが、適度に行う角質ケアはターンオーバーを促進し、表皮内でセラミドの生成を促します。

保湿のために、こってりしたクリームを塗るのも、場合によっては問題があります。こってりとした感触なだけで、必ずしも保水力が高いわけではありません。こってりさせるために、化学物質を添加しているものもあります。感触に頼らず、成分表示にも気を付けましょう。洗いすぎにも注意が必要です。洗顔はスキンケアの中でも唯一の引き算ケアになります。肌質の改善には洗顔の負担を減らすことも重要です。朝はぬるま湯だけで洗顔するのも良いでしょう。

表面の皮脂は、洗顔料を使わなくても十分に落とせます。メイク落とし、洗顔料と何回も洗顔するのは負担になりますので、すっぴんデーを作って肌を休ませてみてください。

肌は濡れると乾燥を促進する!?

肌が乾燥するメカニズムは、新聞紙を濡らした後を想像してみてください。パリパリに乾燥してしまいます。水分補給後、しばらくは潤った気がしますが、時間がたてばどんどん蒸発し、乾燥します。肌は、水分で濡れるだけで乾燥を促進してしまうのです。肌が濡れることによって角質細胞がふやけて膨張し、はがれやすくなります。このときにめくれ上がった角質の間から元々あった水分まで蒸発します。お風呂上りの肌が乾燥するのは、こうしたメカニズムによって起こります。

角質が吸収した水分を蒸発しはじめ、急激に肌の乾燥が進みます。また、温度の高いお湯で顔を洗ったり、湯船に浸かったりすることで皮脂膜やセラミドが溶け出すことも原因です。皮脂やセラミドが流れ出し、さらに角質がふやけてバリア機能が低下し、濡れた新聞紙のようにパリパリに乾燥してしまうのです。

肌が濡れただけで乾燥がすすむということは、洗顔後に化粧水をジャブジャブ使ったときも、同じ現象が起こります。化粧水だけでは、保湿効果はないのです。また、シートマスクも同じことです。水分で角質をふやかせて、水分を蒸発させます。保水力の低下した肌には、水分補給だけでは、意味がありません。それどころか逆効果になってしまいます。

肌の保水力を高めるには?

肌を潤し、保水力を高めるには、肌みずからが保湿成分を産生し、角質内に水分をとどめておけることが必要になります。毎日のスキンケアでできることは、肌の保水力を高める保湿成分を補うことです。まずは、加水分解ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、1グラムにつき、6リットルの水分を保持できると言われています。肌の水分保持に大変有効です。

ただ、分子の大きいヒアルロン酸だと、肌の真皮にまで浸透しないので、酵素などで分子を小さくした、加水分解ヒアルロン酸という表示のある化粧水が良いでしょう。低分子で、粘りが少ないのが特徴です。表面に膜を作りながら角質に浸透して水分を保持します。

フラーレンという成分もおすすめです。炭素のみから構成される物質で、抗酸化力が高いのが特徴です。ビタミンCの172倍とも言われる抗酸化力があり、老化の原因となる活性酸素を無害化します。これによって、エイジングケアの効果も期待できます。他の抗酸化成分と違うところは、活性酸素を吸着して酸化を防ぐ点です。他の抗酸化物質は、自身が身代わりとなって酸化されます。フラーレンは吸着できる活性酸素の種類が多く、お肌の表面を掃除機のように掃除してくれるのです。

持続力も11時間と長時間に及びます。紫外線によって抗酸化成分は壊れるのですが、フラーレンは紫外線に強く、抗酸化作用が持続します。フラーレンには、脂溶性と水溶性がありますが、水にも脂にも活性酸素は発生しますので、両方のフラーレンが入った化粧品がおすすめです。

保湿成分の、アロエベラ葉エキスは、アロエの中のアロエベラという種類の葉肉から抽出されたエキスです。このエキスに豊富に含まれているムコ多糖体に保湿効果があります。紫外線の影響を防ぐ美白効果や、抗菌、殺菌、消炎作用もあり、ニキビ予防にも効果があります。また、毛穴の余分な脂を調整する効果、血流をよくする効果もあるため、肌の新陳代謝を促進します。そのため、シミ、シワ予防も期待できます。

アルガンオイルは、モロッコで古来から貴重なオイルとして食用や外用に使われてきました。抗酸化力、活性酸素の除去力が強く、エイジングケアに効果があります。この効能は、アルガンオイルに含まれるオレイン酸とビタミンEによるものと言われています。刺激が少なく、強い浸透力がありますので、乾燥肌のお手入れにピッタリです。低刺激なので乾燥が気になる口の周りなどにも使用できます。

日焼け止めに使われていたという歴史もあるので、日焼けによる肌荒れやシミを防ぎます。アルガンオイルは、化粧水の浸透力を高める「ブースター」としても使用できます。お風呂上りや洗顔後に何滴かをお肌に伸ばします。オイルの効果で肌が柔らかくなったら化粧水をつけます。

保水力のあるお肌にするためには、これらの成分が入っている化粧品がおすすめです。化粧水を叩き込んでも保水にならないので、アルガンオイルをブースターにして浸透力を高めます。保湿効果のある加水分解ヒアルロン酸、活性酸素の除去のためのフラーレンを活用し、アロエベラ葉エキスで保湿します。また、洗いすぎには注意し、肌の保湿成分産生を促すことが重要です。そのためには、肌の水分保持力を高める成分配合の化粧品でケアしてください。

季節や気候によってスキンケアを変えることが美肌作りの正解です!

空気が乾燥する時期や、エアコンの効いた部屋で過ごすことが多くなる場合は、特に肌の乾燥が気になります。メイクののりも悪くなるので、肌自体の保水力を高めましょう。ご紹介した成分には、抗酸化作用、乾燥防止、活性酸素の除去、シワ、シミなどのエイジングケア効果もありますので、積極的に利用したいものです。成分表示を見て、保水力を高める成分を探してみてください。


アルガンオイル・フラーレン・アロエベラを配合したALPHA THREEの商品はこちら!