ビタミンC誘導体とフラーレンはニキビ予防に効果的

ニキビ対策においては、ニキビができにくい肌にすることが大事です。そのためには、肌を健康にすること、毛穴の詰まらないスキンケアをすること、肌を乾燥させないこと、などいろいろな注意点があります。ニキビのできにくい肌というのは、どういった肌なのか?どうすればニキビのできにくい肌になれるのか、知っておきましょう。

ニキビ予防に効果的なビタミンC誘導体とは?

美肌に欠かせない成分としてビタミンCがあります。ビタミンCはニキビケアをはじめ、美白効果や抗酸化作用など美肌に効果的な成分ですが、肌に吸収されにくいという点がデメリットです。いくら肌にいい成分でも、肌に吸収されなくては効果が期待できません。そこでビタミンCを肌に浸透しやすくしたのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、角質層に浸透し肌に浸透した後はビタミンCに変化し、さまざまな美容効果をもたらしてくれるのです。

ビタミンC誘導体には皮脂を抑制する作用があります。ニキビの原因は過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることです。その皮脂を抑制してくれる働きがビタミンC誘導体にはあるのです。ビタミンC誘導体を使ったスキンケアをすることで、過剰な皮脂分泌を抑制でき、ニキビができにくい肌になれるでしょう。また抗炎症作用もあるので、ニキビの炎症を鎮めてくれるので、色素沈着の予防にもなります。さらにビタミンC誘導体はメラニン色素の生成を抑制してシミを防いでくれます。ほかにも、コラーゲンの合成をサポートするという働きもあります。

フラーレンで活性酸素を取り除き肌老化を食い止める

肌が乾燥するとさまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。肌のバリア機能が低下、水分は蒸発しやすくなりますし、外部からの刺激を受けやすくなります。シワやシミもできやすくなります。さらに、肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌しやすくなるため、ニキビができやすくなるのです。乾燥肌でもニキビはできます。その乾燥を招く原因の一つが活性酸素です。

活性酸素は細胞にダメージを与え、肌のターンオーバーを遅らせます。ターンオーバーが乱れると未熟な角質が生まれるため、バリア機能が低下します。バリア機能が衰えると、肌の水分が蒸発し、肌が乾燥しやすくなるのです。肌の乾燥対策の一つとして、フラーレンという成分を配合した化粧品を使うというのがおススメです。

フラーレンは活性酸素を吸着し、体内で活性酸素が増えるのを抑制してくれます。活性酸素にはいろいろな種類があるのですが、フラーレンはさまざまな種類の活性酸素に対応し、吸着してくれるので安心です。紫外線は活性酸素を増やすだけではなく、肌を直接乾燥させるものでもあります。フラーレンは紫外線対策にもなるので、日常的に使用したい成分です。

毛穴の汚れをしっかり取ってニキビケア

ニキビの原因の一つは毛穴に皮脂やメイク汚れ、角質が詰まることです。ニキビができにくい肌を作るには、毛穴に皮脂や汚れが溜まらないようにすることが必要です。しかし、毛穴の汚れを落とそうとすると、肌を必要以上にこすったり、毛穴パックを繰り返したりして肌にダメージを与えてしまうことがあります。肌に摩擦を与えたり、負担のかかるケアをしたりすると、肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されることになります。肌に負担のかからない毛穴ケアとしておススメなのが、マリンシルトです。

マリンシルトは沖縄の海底に堆積した海泥が、地盤の隆起によって地表に出てきたものです。長い年月をかけて堆積した泥には、多量のミネラルが含まれ、イオンが発生します。このイオンは血行を促進し代謝をあげてくれることの他にも磁石のように毛穴の汚れを吸着し、取り除いてくれます。粒子が非常に細かいため、細部まで入り込むことができ、汚れを取り除いてくれるのです。マリンシルトは分解したタンパク質や脂肪物質、皮膚に付いたアレルギー物質まで吸着すると言われています。ゴシゴシとこする必要もなく、肌に負担をかけずに毛穴の汚れを取ることができます。

ニキビができにくい肌になるための洗顔ポイント

ニキビができにくい肌になるには、洗顔は重要です。洗顔が間違っていると、ニキビだけではなく、さまざまな肌トラブルを引き起こします。正しい洗顔をすることが大事です。洗顔におけるポイントはまず手を洗い清潔にすることです。意外と手を洗わずに顔を洗ってしまう人がいますが、手には雑菌がたくさんついています。それがニキビの原因となるので、手は清潔にしてから洗顔をするようにしましょう。洗顔料は適量を。少なすぎると泡立ちが悪くなり、多すぎると肌に洗顔料が残ってしまったり、すすぎに時間がかかり肌を乾燥させてしまったりします。泡立てネットでよく泡立て、泡をクッションにして、ていねいに、優しく洗うのがポイントです。

最初は皮脂の多いTゾーンから洗います。洗顔時間は長すぎてはいけません。長くても1分程度にしておきましょう。肌に刺激の少ない洗顔料でも、肌に長時間乗せていると肌の乾燥につながります。すすぐときにはぬるま湯を使いましょう。温度が高いお湯で洗うと、肌の乾燥の原因になります。シャワーで洗い流すのは、水圧でシワができやすくなるので控えた方がいでしょう。すすぐ際には、髪の生え際、フェイスラインなどにすすぎ残しがないようにしましょう。

水分補給をしっかりして保湿をする

肌の水分量を増やすことで、皮脂の分泌量が減っていきます。洗顔の後はたっぷり化粧水をつけて水分補給をしましょう。油分が少ないものを使う方がいいでしょう。コットンを使うとコットンの線維が肌に刺激となってしまうことがありますので、手でつけるのをおススメします。手で化粧水を温め、肌につけます。ビタミンC誘導体配合の化粧水などはお勧めです。化粧水をつけた後は、手で顔を包み込むようにして、肌に浸透させます。その後はすぐに保湿美容液をつけましょう。

正しいスキンケアと規則正しい生活が大切

ニキビができにくい肌を作るには、正しいスキンケアが必要です。間違ったケアは肌を乾燥させ、肌のバリア機能を低下させてしまいます。その結果、皮脂が過剰に分泌されたり、角質が厚くなったりしてニキビができやすくなります。まずは、毎日行うスキンケアを正しく行っているかどうかを確認しましょう。このくらいは平気だろう、と思っていることが、肌に大きな負担となっている場合もあります。ていねいなスキンケアで、健康で丈夫な肌づくりをすることで、ニキビもできにくくなります。

また、ストレスや睡眠不足、偏食などはニキビができやすい肌を作ります。正しいスキンケアをしていても、ストレスが溜まっていたり、寝不足をしていたりするとニキビはできやすくなります。できるだけその日のうちにベッドに入るようにして、睡眠不足をしないようにしましょう。ストレスが溜まっていると質のよい睡眠も取れません。ストレスを感じたら休息を取ったり、リラックスできる時間を作ったりして、ストレスを発散しましょう。

肌に浸透しやすく皮脂分泌のコントロールをしてくれるビタミンC誘導体、活性酸素を取り除いてくれるフラーレン、毛穴の汚れをキレイにしてくれるマリンシルトなど、美肌に効果的な成分を配合している化粧品を選ぶこともニキビケアにおいて重要です。さらに、正しいスキンケアと規則正しい生活をすることで、ニキビができにくい肌づくりをすることができるでしょう。

フラーレンを配合したALPHA THREEの商品はこちら!

マリンシルトを配合したALPHA THREEの商品はこちら!