生理前の気になるニキビ。その時、どんな化粧品を使えば良い?

ニキビはスキンケアが原因でできるほか、体調などによってもできやすい時期があります。その一つが生理前です。生理前は肌荒れしやすいというのはご存知の人もいるでしょう。生理前にはニキビもできやすいのです。なぜ生理前になるとニキビができやすいのでしょうか?また、その対策についても知っておきましょう。

生理前にニキビができやすい理由

月経前症候群(PMS)という言葉はすでによく知られているでしょう。生理前になると女性は頭痛やイライラ、便秘、不安感などさまざまな体調不良に悩まされることがあります。特に生理前は黄体ホルモンの分泌量が増えるのが原因です。黄体ホルモンであるプロゲステロンが増えると皮脂の分泌が増え、ニキビができやすくなります。皮脂が増えると毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすくなり、ニキビができやすくなるのです。また、この時期は肌の水分量も減少するため、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると皮脂の分泌が増え、ニキビができやすくなるのです。

ホルモンとニキビの関係

このようにホルモンバランスによってニキビができやすくなる時期があるのです。生理前にニキビができやすくなるのは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの影響であるように、ホルモンバランスはニキビと密接に関係しています。プロゲステロンは男性ホルモンと構造が似ていることもあり、プロゲステロンが増えると皮脂の分泌が増え、ニキビができやすくなると言われています。男性ホルモンはニキビができやすい原因となるのです。

女性にも男性ホルモンがわずかですが存在します。女性は卵巣からテストステロンという男性ホルモンと、副腎皮質から分泌されるアンドロゲンがあります。その量は男性の10分の1と言われています。男性ホルモンは皮脂の分泌をさかんにする作用がるため、女性でも男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂の分泌がさかんになり、ニキビができやすくなるのです。さらに男性ホルモンが増えると角質も厚くなり、毛穴に角質が詰まりやすくなります。それもニキビができやすい原因となるのです。

男性ホルモンが増えるのはなぜ?

男性ホルモンが増える理由としてストレスが関係していると考えられています。人間はストレスを感じるとコルチゾールという抗ストレスホルモンを分泌します。コルチゾールにはストレスに対抗するという働きのほか、男性ホルモンの分泌を増やす働きがあるのです。そのため、男性ホルモンが増え皮脂の分泌がさかんになり、ニキビができやすくなるのです。

生理前のニキビ対策

ホルモンによって女性の肌や体には大きな影響が出ます。ニキビもその一つです。その時期は肌は刺激を受けやすく、免疫力も低下しています。ここでは肌に負担のかからないスキンケアをするとともに十分に保湿を行いましょう。肌が乾燥しやすくなっている時期でもありますので、化粧水で水分補給をし、保湿美容液をしっかり塗って肌をいたわることが大事です。洗顔やクレンジングはできるだけ肌に負担のかからない低刺激のものを選びましょう。

また、ニキビ予防をするためにも、美肌に良いと言われる食材を摂りましょう。ビタミンAが豊富な食材は緑黄色野菜、うなぎ、レバー。ビタミンB2を多く含むのは卵や乳製品。ビタミンB6を多く含むのはマグロやカツオ、ニンニク。ビタミンCは野菜、果実に多く含まれています。ビタミンEを多く含むうなぎ、カツオ、緑黄色野菜。カルシウムを多く含むの牛乳、チーズ。亜鉛を多く含むのは牡蠣で、食物繊維を多く含むは野菜、豆類です。これらを積極的に食べるように心がけ、さらに適度な運動で血行をよくしたり、ストレス解消をしたりしましょう。あまり激しい運動でなくてもいいので、ヨガやストレッチをするのも良いでしょう。

この時期は肌に刺激となるケアは避けた方が良いでしょう。洗顔はいつもよりも丁寧にやさしく行いましょう。洗浄力の強い洗顔料やクレンジングは肌に負担となることがあるので、低刺激のものを使うと良いでしょう。洗顔後はしっかり保湿をして、肌をいたわるようにしましょう。

生理前にニキビができない肌になるには?

生理前でも肌が健康であれば、ニキビはできないものです。そのためにも、肌を丈夫にしておくことが大事です。健康な肌はターンオーバーが正常でバリア機能がしっかり機能している肌です。乾燥のない、みずみずしい肌でいるためには、基本的なスキンケアのほかにスペシャルケアとしてピーリングをするのもおススメです。肌は加齢や紫外線、不規則な生活環境、ストレスなどによってターンオーバーが遅れがちになります。それがニキビなどの肌荒れを引き起こすのです。ターンオーバーを正常に戻すには、ピーリングで肌に溜まっている古い角質を落とすことが必要です。その方法がピーリングです。

ピーリングはAHAなどのピーリング剤を使い、肌に塗布して時間を置き、肌をこすりながら角質を取り除く方法です。または、洗い流す方法もあります。古い角質が取り除かれ、新しい細胞がスムーズに成長し、正常な角質ができることでバリア機能も高まります。ピーリングは肌に負担がかかることがありますので、塗布時間には注意して行いましょう。頻度に関しても、週に1回程度、もしくは2週間に1回程度、定期的に行いましょう。

毛穴の汚れはしっかり取る習慣をつける

ニキビの原因は皮脂の分泌がさかんになり、毛穴に皮脂が詰まることで起こります。生理前には皮脂の分泌がさかんになることで、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。それを防ぐには、普段から毛穴はキレイにしておくことが大事です。そこでおススメなのがマリンシルトです。マリンシルトは沖縄の海底で採れる海泥です。ミネラルが豊富で、マイナスイオンが放出されるため、角質の汚れをキレイに吸着してくれるのです。粒子が非常に細かいため、毛穴に入り込んで、皮脂や角質をしっかり取り除き血行促進も行ってくれます。

紫外線対策を心がけ、活性酸素を取り除く

紫外線はニキビの大きな原因になります。紫外線を浴びると活性酸素が増えるため、肌が乾燥するとともに、ターンオーバーも遅れがちになります。普段のスキンケアにおいても、活性酸素を取り除くケアが望ましいです。活性酸素を取り除く抗酸化作用のある成分はいろいろありますが、中でもフラーレンは非常に高い抗酸化作用を持っています。フラーレンは活性酸素を吸着して取り除いてくれます。効果も10時間以上持続するという優れものです。フラーレン配合の化粧品でスキンケアをすることで、活性酸素が取り除かれるので、肌老化を遅らせることができ、肌の乾燥を防ぐことができるため、バリア機能も高まります。

ニキビの原因となる便秘を解消

便秘をしているとニキビができやすくなります。水分を十分に摂る、適度な運動をする、朝食を摂るなど、便秘の解消に努めましょう。水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく摂る、ヨーグルトやオリゴ糖など腸内環境をよくする食材を積極的に摂ることも必要です。便秘を解消することで、生理前のニキビができにくくなることにつながるでしょう。

女性は生理前になると、体調不良を起こしやすくなります。その一つに肌荒れがあります。肌が乾燥しやすくなったり、ニキビができやすくなったりするのです。そういった肌荒れを起こさないためにも、普段からピーリングで角質ケアをしたり、紫外線対策で活性酸素を増やさないケアをしたりするとともに、便秘の解消など、ニキビの原因となることを取り除くことが必要です。

活性酸素除去が期待できるALPHA THREEの商品はこちら!