気になるニキビ跡。薄くするための最適なお手入れ。

ニキビ跡ができてしまうと、メイクではなかなか隠せなかったりします。ニキビ跡は色素沈着なので、一度できてしまうと消すのが難しいのです。しかし、近年では状態によっては薄くできる化粧品なども出てきました。ニキビ跡を薄くする方法にはどのようなものがあるでしょうか?

ニキビ跡を薄くする成分とは?

ニキビ跡を薄くするには美白効果のある化粧品を使うことです。美白化粧品とは美白成分が配合されたものですが、すでにできてしまったニキビ跡に効果的と言われているのは、ビタミンC誘導体やハイドロキノンがあります。

ビタミンC誘導体は、色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑制する働きと、メラニンの排出を促す働きがあります。さらに、ニキビの炎症を抑える働きもあるビタミンC誘導体は、ニキビケアにおいて欠かせないとも言える成分です。現在では新型ビタミンC誘導体も出ていて、より浸透性が高いビタミンC誘導体もあります。アルブチンやイソフラボンなどと配合されていると、より高い効果が期待できると言われています。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素を作るメラノサイトの働きを抑制するものです。ハイドロキノンはニキビ跡など、すでにできてしまった色素沈着に高い効果があると言われています。そのため、肌への負担もかかるので、肌の状態を確認しながら使うようにしましょう。他にも美白成分として、アルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラETなどがあります。さらに、フラーレンという成分があります。

フラーレンは活性酸素を取り除く効果が高いと言われている成分です。活性酸素は肌を乾燥させ、肌のターンオーバーを遅らせます。その結果、過剰に増えたメラニン色素が排出されずに皮膚に残り、色素沈着となります。フラーレンで活性酸素を除去することで、肌のターンオーバーを正常にすることができますので、ニキビ跡の改善にも役立ち、アンチエイジングにもなります。また、フラーレンにはメラニンの生成を抑制する働きがあります。ニキビ跡を薄くするには、このような美白効果のある成分が配合された化粧品を使うと良いでしょう。

ピーリングでニキビ跡を薄くする

ニキビ跡ができてしまう原因の一つは、肌のターンオーバーがスムーズではないためです。通常、ターンオーバーが正常であれば、肌のメラニン色素は古い角質が排出されるとともにメラニンも排出されていきます。しかし、ターンオーバーが正常ではないとメラニンが皮膚に残ってしまい、色素沈着を起こしてしまうのです。それを改善するには、ピーリングが有効です。

ピーリングはグリコール酸やフルーツ酸などのAHA、サリチル酸などのBHAといったピーリング成分を含んだ洗顔料やピーリング剤があります。肌に塗布して角質をこすり取る方法は、肌への刺激もあるので肌の弱い人や肌の状態が良くない人は、頻度をおさえて行うと良いでしょう。肌に安心なのはピーリング効果のある石鹸です。洗い流すだけなので、肌に負担がかからず、ターンオーバーを促すことができます。

また、マリンシルトが配合された洗顔料やパックを使用することで、肌の汚れをしっかり落とすことができます。マリンシルトは沖縄の海底で採取される海泥です。長い年月をかけて海底に堆積した泥で、ミネラルを豊富に含んでいます。ミネラルからはマイナスイオンが発生され、磁石のように汚れを吸着してくれるのです。粒子も非常に細かいため、毛穴に入り込んだ皮脂や汚れまで、しっかりと取り除いてくれるのです。古い角質も除去されるので、肌のターンオーバーも促され、ニキビ跡を薄くしてくれる効果も期待できるでしょう。

ニキビ跡の種類とそれぞれの効果的なケア

ニキビ跡にも種類があります。赤みのあるニキビ跡は、炎症を起こしている状態です。炎症が起こると毛細血管が集まります。その毛細血管のせいで、皮膚が赤く見えるのです。時間とともに赤みが消えることが多いです。茶色くなってしまったニキビ跡はメラニン色素による色素沈着です。ニキビが炎症を起こし、肌にダメージを与えるとメラノサイトがたくさん発生します。過剰にメラノサイトが発生すると肌にそれが残ってしまうため、色素沈着が起こります。

炎症がひどいと、クレーターとなります。アクネ菌が組織を破壊していくのですが、白血球が皮膚細胞を破壊しそれをストップさせるのです。それが真皮層まで広がると、肌にクレーターができてしまいます。ざらに繰り返し炎症が起こると、しこりとなってしまい、皮膚が盛り上がった状態になります。

茶色っぽくなったニキビ跡は、メラニンによる色素沈着です。このようなニキビ跡には、美白成分を配合した美白化粧品を継続して使うことをおススメします。赤みがかったニキビ跡や真皮層まで届いてしまったクレーターのニキビ跡には、ピーリングがおすすめです。ピーリングで肌のターンオーバーを促し、肌の再生をすることで改善していくでしょう。ケロイド状になったニキビ跡や、クレーターが深い状態のニキビ跡は美白化粧品やピーリングなどのセルフケアで改善することは難しいでしょう。その場合は、皮膚科に行って専門的な治療を受けると良いでしょう。

ニキビ跡を薄くするためのスキンケア

ニキビ跡を薄くするためには、スキンケアにおいても正しい方法で行うことが大事です。洗顔においては、過剰な洗顔は控えること、洗浄成分が強すぎるものは使用を避けること、ていねいに洗うこと、が大事です。毎日行う洗顔だからこそ、ていねいに行うようにしましょう。洗顔後は化粧水で肌を整えたら、すぐに保湿をすることです。保湿ケアを怠ると、肌が乾燥しターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れることで、メラニン色素が排出されにくくなるので、注意が必要です。ニキビ跡を薄くするには、食生活にも配慮しましょう。基本的には栄養バランスの取れた食事をすることが大事ですが、特に肌のターンオーバーを促すタンパク質、オメガ3系脂肪酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンE、ビタミンCを摂るようにしましょう。

また、紫外線対策をしっかりすることも大事です。外出する際には日焼け止めを塗ったり、ファンデーションを塗ったりして、紫外線を浴びないようにしましょう。紫外線を浴びると肌は紫外線から守るためにメラニン色素を増やします。そのため、ターンオーバーが正常でないと、肌にメラニンが残り色素沈着を起こしてしまうのです。

紫外線は角質を厚くしてしまいます。角質が厚くなるとニキビができやすくなり、悪化すると炎症を起こしてニキビ跡ができてしまいます。さらに、紫外線は肌を乾燥させるため、バリア機能の低下を招き、ターンオーバーを乱す原因となります。ニキビ跡にも悪い影響を与えかねません。外出する際には、日焼け止めやファンデーション、さらに帽子や日傘などを使い、紫外線対策を怠らないようにしましょう。また、ピーリングの後は角質が薄くなっているため、紫外線を浴びるとニキビを悪化させたり、ニキビ跡を濃くすることもあるので、しっかり対策をしましょう。

ニキビ跡を改善するには、さまざまな美白化粧品について知っておくことも必要です。美白化粧品にもいろいろあるので、その中から自分の肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。また、ニキビ跡を悪化させないためにも、正しい方法でスキンケアをしたり、生活習慣に注意したりすることが必要です。

フラーレンを配合したALPHA THREEの商品はこちら!

マリンシルトを配合したALPHA THREEの商品はこちら!