使われている保湿成分は大丈夫?効果のある保湿成分と化粧品の選び方。

乾燥肌には保湿が大事、ということが分かっていて、しっかり保湿をしているのに肌の乾燥がおさまらない、という場合もあります。スキンケアの方法も正しく、保湿ケアをしているのに乾燥がよくならないのは、保湿成分に問題があるのかもしれません。乾燥肌に効果のある保湿成分とはどういったものでしょうか?

肌の乾燥におススメの成分はコレ!

肌の乾燥がひどい、という場合は保湿効果のある成分が配合されている化粧品を選ぶといいでしょう。おススメの成分には、次のようなものがあります。

・フラーレン

炭素原子が60個でサッカーボール状に組み合わさった構造で、安定性が高く、見た目も美しいと言われる成分です。フラーレンの特徴の一つは活性酸素を取り除く働きがあるということです。抗酸化作用のある成分はいろいろありますが、フラーレンはさまざまな種類の活性酸素を吸着し、肌老化を防いでくれるのです。その効果はビタミンCの125倍とも言われています。紫外線を浴びることで肌は乾燥し、活性酸素が増えてしまいますが、フラーレン効果で、活性酸素の生成を抑制することができ、肌老化の進行をさせずにシワやシミの予防をすることができます。

また、細胞の老化を防いでくれるフラーレンは、肌の新陳代謝を促し、保湿成分の合成を活性化します。その結果、バリア機能が正常になり、肌の乾燥も改善されていくのです。また、バリア機能にはトランスグルタミナーゼという酵素があるのですが、それは紫外線によって減少してしまい、バリア機能の働きに悪影響を及ぼすと言われています。フラーレンには、トランスグルタミナーゼの生成を促し、角質層の外膜の成分を増やす作用があるのです。バリア機能を正常にしてくれる働きが、フラーレンにはあります。

・アルガンオイル

アカテツ科の広葉常緑樹であるアルガンの種子から抽出されるのが、アルガンオイルです。歴史のある植物ですが、現在ではモロッコの南西部でしか生育していません。アルガンオイルにはオリーブオイルの2~4倍のビタミンEとオレイン酸が豊富に含まれています。そのため、肌の乾燥をはじめさまざまな美肌効果が期待できるのです。

アルガンオイルには高い抗酸化作用があります。ファイトケミカルを含むアルガンオイルは、アンチエイジング効果が高いことでも知られています。アルガンオイルを肌に塗ることで、肌をやわらかくして乾燥を改善してくれます。肌の血行をよくする働きもあり、新陳代謝を促し、肌のバリア機能を高めてくれるのです。バリア機能が正常になることで、外部からの刺激を受けにくく、また肌内部の水分の蒸発を防ぐことができます。乾燥肌も改善されるというわけです。

乾燥がひどい場合の化粧品の選び方と使い方

乾燥がひどい場合は肌に負担のかからない化粧品を使うことが大事です。特にメイク落としは肌に負担となることが多いので、肌が乾燥している場合は肌に負担のかかりにくいミルクタイプのクレンジングがおススメです。天然成分を使用しているクレンジングもおススメです。洗顔料は皮脂を取りすぎない、洗浄力が強すぎない者を選ぶようにしましょう。肌の水分と油分のバランスをコントロールする乳液もおススメです。肌が乾燥している場合、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、グリセリン、プロピレングリコール、ブチレングリコール、天然保湿成分などは肌への刺激も少なく、肌が乾燥しているときにおススメです。

美容液やクリームを塗る際には、化粧水をつけた後、美容液を手に取り、顔全体につけます。最後に手の平で顔を包み込むように温めると、肌への浸透がよくなります。化粧品は高額なものも多いため、量を少なくしてしまいがちですが、あまりに少ないと効果が出ないことがあります。どのくらいの量を使うのか、使用方法についてよく読み、適切な量を使うようにしましょう。また、乾燥している肌は、バリア機能が低下しているため、ちょっとしたことが肌への刺激となります。刺激を与えると、バリア機能はさらに低下し、乾燥がひどくなります。化粧品をつけるときには、肌をこすらないよう、刺激を与えないように注意しましょう。

また、乾燥しているときには入浴にも注意が必要です。間違った入浴をしていると、乾燥が悪化してしまいます。特に42度以上のお湯に入ると、細胞間脂質や天然保湿因子など保湿成分が流れてしまいます。肌が乾燥している場合は、40度以下のお湯に浸かるようにしましょう。保湿効果があると言われている入浴剤を使用するのもおススメです。ただし、着色料や香料は肌への負担になりますので、注意して選ぶようにしましょう。

肌が乾燥しているときには、普段よりも肌に優しい化粧品を使い、肌をいたわることが大事です。乾燥肌を改善するケアをしないと、乾燥がひどくなり、敏感肌になってもっとケアも大変になります。ひどくなる前に、乾燥肌に必要な成分を利用し、肌のバリア機能を正常にして、乾燥肌を改善するようにしましょう。

フラーレン、アルガンオイルを配合したALPHA THREEの商品はこちら!