乾燥肌のメイクにはパウダーファンデーションがおすすめ!

肌が乾燥していると化粧ノリがよくありません。特にファンデーションを塗っても、ムラになりやすく、透明感のある肌には程遠くなってしまいます。また、ファンデーションを塗ると、乾燥がひどくなるのでは?と心配になることもあります。乾燥肌のメイク方法について紹介しましょう。

肌が乾燥している場合のメイク前のスキンケア

肌が乾燥しているときには、メイク前のスキンケアが重要です。乾燥しているのであまり肌に刺激を与えたくない、と思うでしょう。しかし、きちんとスキンケアをすることで、メイクの負担を軽くすることができるのです。メイク前のスキンケアのポイントを抑えておきましょう。まず洗顔は軽く洗うことが基本です。乾燥がひどい場合は洗顔料を使わずにぬるま湯で洗うだけでもいいですが、乾燥がひどくない場合は、洗顔料を使って軽く皮脂や汗、汚れを洗い流すとより清潔になります。皮脂を洗い流すことで、化粧崩れしにくくなるというメリットもあります。短時間ですませることで、肌への負担は軽くなるので、心配ないでしょう。ただし、キメ細かい泡で、丁寧に洗顔をすること、ふき取る際もタオルで肌をこすらないこと、に注意してください。

洗顔後はできるだけ素早く保湿ケアをします。化粧水、美容液、乳液、クリームの順番でスキンケアをしましょう。化粧水は手を使った方が、コットンの線維で肌を傷めずにすみます。普段はコットンを使っている人も、肌が乾燥しているときには手でケアをすることをおススメします。乾燥がひどい場合は、化粧水と乳液を2回繰り返すようにします。

乾燥が気になる場合のベースメイクのポイント

肌が乾燥している時には下地クリームも保湿成分配合のものを使うといいでしょう。ただし、保湿成分が配合されている下地クリームでも、たくさん塗った方が保湿効果が高いか、というとそうではありません。過度に塗りすぎると、油分で皮脂が過剰に分泌され乾燥を招くとともに、化粧崩れをしやすくなります。適切な量を使うようにしましょう。塗りすぎてしまった場合は、少し時間を置いて、肌になじむのを待ちます。ティッシュオフをすると乾燥肌の状態を悪化させてしまう可能性があります。また、ティッシュでふき取ることで、必要な成分まで拭き取ってしまう可能性もあるため、肌に下地クリームがなじむのを待った方がいいでしょう。

乾燥肌の日焼け止めの選び方

乾燥肌の場合日焼け止めを選ぶ際にも注意が必要です。健康な肌であっても日焼け止めに含まれている成分によって、肌が乾燥してしまうことがあります。肌が乾燥している場合には、ノンケミカルの日焼け止めを選ぶのが基本とされています。しかし、ノンケミカルであっても、肌の状態によっては肌が乾燥しないとは限らないので、乾燥がひどくなるようであれば、違った日焼け止めを選ぶといいでしょう。

また、普段づかいのものと、紫外線が強い海や山に行く場合とで使い分けをすることも必要です。日焼け止め効果が高ければ、その分肌への負担もかかるものです。普段はそれほど高い数値ではなくても大丈夫です。目安としては、SPA値15~30程度、PA値++程度です。さらに、日傘や帽子、長そでを着用するなど、日焼け止めアイテムを利用して紫外線対策をしましょう。

肌が乾燥しているときにはパウダーファンデーションを

ファンデーションにはリキッドやクリーム、スティック、エマルジョン、パウダーなどのほか、ミネラルファンデーションやBBファンデーションなどがあります。さまざまなあるファンデーションの中で、乾燥肌におススメなのがパウダーファンデーションです。パウダーファンデーションは粉なので肌が余計に乾燥してしまうのでは?と思いがちですが、実際は肌に対する負担が一番少ないと考えられます。肌への密着度も少ないため、クレンジングも簡単です。乾燥肌の原因はクレンジングや洗顔によるものも多いので、メイク落としの際に肌に負担がかからないファンデーションを選ぶことも大切です。

ベースメイクをきちんとしていれば、パウダーファンデーションをポンポンとつけるだけで大丈夫です。肌が乾燥しているときには、肌にしっかり塗るタイプのファンデーションだと、かゆみが出たり、肌がこわばってしまったりすることがあります。パウダータイプであれば、軽くつけることができるので、乾燥を気にせずにすむでしょう。ただし、パウダーファンデーションだと、シミなど隠したい部分が隠れない、というデメリットがあります。その場合は、コンシーラーを使いましょう。コンシーラーで隠したいシミなどの部分を隠すことで、顔全体にファンデーションを厚塗りする必要はありません。

また、肌に負担をかけたくない場合は、ミネラルファンデーションを使ってみるのもおススメです。ミネラルファンデーションは、天然の鉱物でできているファンデーションで、肌に優しいと言われています。クレンジングや洗顔も洗浄力の高いものではなくていいので、メイク落としの際に肌に負担をかけることもありません。ただし、ミネラルファンデーションの中にも、合成シリコンなど肌に刺激となる成分が配合されている場合もあるので、含まれている成分はしっかりチェックするようにしましょう。

肌が乾いているときのファンデーションの塗り方

肌に負担の少ないパウダーファンデーションを選んでも、塗り方によっては肌を乾燥させてしまいます。肌が乾燥しているときには、ファンデーションを軽くたたくように塗ります。のばす、塗り込む、といった塗り方は肌に負担をかけてしまいますので注意しましょう。乾燥に摩擦はNGです。乾燥を悪化させないために、ファンデーションは摩擦を起こさないように塗るのがポイントです。

また、使用するスポンジやパフに注意することが大事です。洗わずに使っていると、雑菌が繁殖してしまいます。雑菌は乾燥肌には大敵です。こまめに洗い、しっかりと乾燥して、清潔なものを使うようにしましょう。肌が乾燥していると肌に透明感を出すのは難しいものです。そこでおススメなのが、パール入りのフェイスパウダーやハイライトです。それもラメが入ったものがおススメです。ラメ入りのハイライトを目の下あたりに使うと、顔色のトーンが一段明るくなります。シワも目立たなくなる、というメリットがあります。一度試してみてください。

乾燥肌のメイク直しのコツ

肌が乾燥していると化粧崩れをしやすくなります。しかし、ムラになってしまったファンデーションの上にさらにファンデーションを塗ると、厚塗りになるばかりか、肌に負担となってしまいます。乾燥が気になる部分だけ、化粧直しをするのがポイントです。乾燥している部分に乳液を塗り、フェイスパウダーをつければ終了です。目元や口元などは指先を使うよりも、綿棒を利用するときれいに仕上がります。他の部分に乳液がついてしまう心配もありません。化粧ポーチには綿棒を入れておくと、何かと便利に使えます。

肌が乾燥しているからといって、ファンデーションをつけずに外出すると、紫外線などの影響で肌はますます乾燥してしまいます。肌が乾燥しているときにメイクをするのは抵抗がある、という人もいると思いますが、肌に負担をできるだけかけない方法でメイクをして外出しましょう。クレンジングや洗顔も負担にならない方法でメイクをすることで、肌への負担も軽減でき、乾燥肌も悪化させずにすむでしょう。