お肌の乾燥がひどい時の対処法としては、保湿ケアのみが効果的!

肌の乾燥がひどいと、スキンケアをしても肌が改善されません。それどころか、状態によっては肌の乾燥を悪化させてしまうことになります。あまりに肌の乾燥がひどいときの対処方について紹介しましょう。

肌の乾燥がひどくなるとどうなる?

乾燥肌は肌の水分量が低下し、カサカサしたり、肌が硬くなってゴワついたり、うるおいがなくなり、透明感もなくなります。白く粉がふいたように見える場合もあります。これは角質細胞が肌の表面に付いたものです。ひどくなると、かゆみがでたり、炎症を起こしたり皮がめくれてしまう場合もあります。乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態であり、肌内部の水分が蒸発し、外部からの刺激を受けやすくなっています。そのため、肌に刺激のある化粧品を使ったり、洗顔をしたりすると、ますます乾燥がひどくなります。

乾燥肌が悪化すると敏感肌になることがあります。敏感肌になると、通常使っていた化粧品がしみたり、赤くなったり、かゆみが出たり。ひどいと炎症を起こすこともあります。服の素材にも反応し、かゆみが出ることもあります。ちょっとした刺激に肌が反応してしまう状態です。この状態ではどのようなスキンケアを使っても、肌荒れがなかなか改善しにくくなります。乾燥肌の場合もひどいとそうなってしまいます。乾燥がひどく、化粧品がしみる、かゆみが出る、という場合は対処法を考える必要があります。

乾燥がひどいときには保湿のみをする

乾燥がひどいからといって、肌に何もしないと乾燥の状態はますます悪化してしまいます。しかし肌への負担は軽減したいものです。そこで肌の乾燥がひどく、スキンケアがしにくい場合には、化粧水をつけずに保湿ケアのみをしましょう。肌が乾燥しているときこそ、保湿は重要です。保湿をして肌の水分を少しずつでも保持できるよう、肌のバリア機能を正常にしていきましょう。

保湿はセラミド成分配合の化粧品がおススメです。さらに、おススメの成分にアルガンオイルがあります。モロッコの宝石と呼ばれ、昔から美容や治療にも使われてきたアルガンオイルは、乾燥がひどく、スキンケアアイテムがなかなか使えない肌でもやさしくケアができる成分です。アルガンオイルは水分と油分のバランスを整える作用があり、乾燥でゴワついてしまった肌をやわらかくしてくれます。アルガンオイルは肌の新陳代謝を高め、肌のバリア機能を正常に戻してくれるのです。

また、アルガンオイルに含まれるビタミンEは、活性酸素を取り除いてくれる効果があると言われています。紫外線などで増えてしまった活性酸素は、肌細胞を老化させ肌荒れを引き起こします。ビタミンEはそんな活性酸素を取り除き、肌荒れの原因をなくしてくれるのです。

アルガンオイルを使ったパックがおススメ!

乾燥がひどい肌におススメのアルガンオイルですが、アルガンオイルが配合されているクリームやアルガンオイルを使ってパックをするのもおススメです。パックは肌に密着し、化粧品の有効成分を肌にしっかりと浸透させることができます。肌が乾燥している場合は、肌に有効成分を浸透させることが大切です。その方法の一つとして、パックはおススメのケアです。

方法は簡単です。アルガンオイルを肌に塗り、軽くマッサージをします。その後ホットタオルを顔にのせ、5分程度放置し、ぬるま湯で顔をすすぎます。アルガンオイルの有効成分が肌に浸透し、バリア機能を高めてくれるでしょう。このようなパックは乾燥肌がひどい場合におススメですが、化粧水を使ったコットンパックなどは、乾燥がひどい場合には避けた方がいいでしょう。肌への刺激となることがあり、肌を乾燥させてしまう可能性があります。

肌の乾燥がひどくなる原因は?

肌の乾燥がひどくなる原因の一つは、肌に合っていない化粧品を使っていることです。ずっと同じ化粧品を使っていても、年齢や体調の変化、環境の変化などによって突然肌荒れを起こしたり、乾燥がひどくなったりすることがあるので注意が必要です。もし、かゆみが出る、赤くなる、ヒリヒリする、ニキビや吹き出物ができる、化粧ノリが悪くなる、使い心地が悪い、などといった症状が出たら、すぐに化粧品の使用をやめましょう。肌トラブルは一時的な場合もあるので、3日程度は様子を見てもいいですが、1週間使って肌の調子が変わらないようであれば、化粧品を変えることをおススメします。

ほかには、洗顔のときのお湯の温度が高い、ということがあります。お風呂で洗顔をするのはいいのですが、そのときにシャワーで洗い流したりしていませんか?シャワーの温度は高くなりがちで、さらにシャワーの水圧が肌への刺激となり、肌を乾燥させてしまうのです。また、睡眠不足など不規則な生活は、血行を悪くし、肌細胞の生まれ変わりも阻害してしまいます。新陳代謝が乱れる原因となり、肌の乾燥をひどくさせてしまいます。ストレスも血行を悪くさせ、睡眠不足を引き起こすので肌にもよくありません。肌の乾燥がひどくなったと感じたときには、生活習慣を見直してみましょう。

肌の乾燥がひどくなったときは肌本来の機能に任せる

肌の乾燥がひどい場合には何をしても肌がヒリヒリしたり、状態が悪くなってしまったりするものです。そんなときには焦らずに、ていねいなケアをしてあげましょう。敏感肌用の化粧品を使ったりしても、肌に合わないこともあり、かえって肌の負担になって症状を悪化させてしまいます。肌の状態が悪い場合は、マイナスのスキンケアを実行しましょう。

化粧水を使わない、洗顔料を使わない、乳液を使わない、といったスキンケアをしてできるだけ肌への負担をかけないようにすることも大事です。ただし、保湿をしないと肌は乾燥したままになってしまうので、保湿ケアだけはするようにしましょう。また、洗顔のときや顔を拭く際もこすらないようにする、保湿ケアをする際もクリームなどをすりこんだりしないことです。マッサージをしたりするのも控えましょう。肌が弱っているときには、できるだけ肌に負担がかからないよう、ていねいにケアをしてあげることが大事です。さらに、規則正しい生活をして睡眠不足をしない、適度な運動をして血行をよくする、といった生活をするようにしましょう。

それでも乾燥がよくならない場合は、皮膚科に行ってみることをおススメします。自分では気づかない肌の病気にかかっている場合もあり、そのときには自分では治すことができません。皮膚科に行って、正しい処置と薬を使って改善する必要があります。また、皮膚科に行って診察をしてもらうことで、乾燥肌の原因を見つけることができるでしょう。原因が分かれば、対処もできます。正しいスキンケアのアドバイスを受けることもできます。その方は早く乾燥肌を改善することができるはずです。

乾燥肌は誰でもなるものです。今までは健康な肌だったのに、突然肌が乾燥しやすくなることもあります。また正しいスキンケアをしているつもりでも、乾燥がひどくなってしまう場合もあります。そのようなときには、肌の状態をよく観察するとともに、使っている化粧品をチェックしたり、生活習慣を見直したりして、原因を見つけ、対処していきましょう。その間は肌に負担をかけないスキンケアをおススメします。

アルガンオイルを配合したALPHA THREEの商品はこちら!