ビタミンC・フラーレンの効果で皮脂の過剰分泌を抑えよう!

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まりやすくなり毛穴も広がるため、黒ずみが目立つようになります。毛穴が詰まり黒ずみが目立つようになると、毛穴パックなどをして毛穴の黒ずみを解消しますが、方法が間違っていたりすると皮膚を傷め、毛穴をさらに広げてしまいます。正しい毛穴ケアをすることが大事ですが、まずは皮脂の分泌を抑えることで、毛穴の黒ずみ対策をしましょう。

皮脂の分泌が過剰になると毛穴が目立つようになる

皮脂が多く分泌されると、毛穴に皮脂が詰まり、角栓ができます。角栓は皮脂や汚れの塊となり、毛穴を押し広げ、毛穴を黒く見せます。さらに角栓が酸化することも黒ずみの原因となります。紫外線を浴びたり、間違ったスキンケアをしたりしていると肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されることになります。肌の乾燥は皮膚のたるみにもつながりますから、たるみ毛穴などの原因にもなります。皮脂を過剰に分泌させないようにして、毛穴の黒ずみ予防をしましょう。

皮脂を抑制する効果があると言われる成分をスキンケアに取り入れる

皮脂の過剰な分泌を抑制するには、スキンケアが重要です。特にスキンケアに配合されている成分に着目しましょう。

・ビタミンC

ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する働きがあります。さらに炎症を抑える効果やメラニンの生成を抑える効果、免疫力を高める効果、さらに毛穴を引き締める効果もあると言われています。また、ビタミンCには紫外線を浴びることで発生する活性酸素を分解する作用があります。そのため、肌の乾燥や肌荒れを予防することが可能です。コラーゲンの合成をサポートして、ハリや弾力を取り戻し、たるみ毛穴の改善にも役立ちます。

ビタミンC配合の化粧品はいろいろありますが、さらに効果的なのはビタミンC誘導体です。さまざまな美容効果を持つビタミンCですが、空気に触れると破壊されやすいというデメリットがあります。ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすくしたもので、有効成分を肌にしっかり届けてくれます。

・フラーレン

肌は乾燥すると皮脂の分泌を過剰にします。そのため、毛穴がふさがりやすくなります。そこで皮脂の過剰な分泌を抑制するには肌の乾燥を改善することが必要です。対策の一つは、抗酸化作用のある成分を取り入れることです。肌が老化する原因として活性酸素があります。活性酸素は細胞をサビつかせ、肌を乾燥させるとともに肌老化を進行させてしまいます。肌にダメージを与える活性酸素は取り除くことが大切です。フラーレンには高い活性酸素除去力があります。活性酸素にはいろいろな種類がありますが、フラーレンは数多くの種類の活性酸素を吸着し、取り除きます。また、フラーレンにはバリア機能を高める働きがあります。バリア機能が正常であれば、肌の水分が蒸発せず、外部からの刺激から肌を守ってくれるので、肌の乾燥も防ぐことができます。

過剰に分泌された皮脂のケア

皮脂が過剰に分泌され毛穴に詰まってしまったら、マリンシルトでケアをしましょう。マリンシルトというのは、沖縄の海底に堆積した泥のことです。長い年月をかけて海底に積もった海泥には、豊富なミネラルが含まれています。豊富なミネラルから発生するマイナスイオンは、毛穴に入り込んだ皮脂や汚れ、角質をキレイに吸着してくれるのです。粒子が細かいため、洗顔料などに含まれているとキメの細かい泡ができるのもメリットです。肌を傷めずに毛穴ケアをすることができます。また、ゴシゴシとこする必要もないので、肌へのダメージは少なく、安心して使えます。

皮脂が過剰に分泌されていると、何度も洗顔を繰り返したくなります。しかし、過剰な洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。皮脂が取り除かれると、肌は乾燥を防ぐためさらに皮脂を分泌させてしまいます。皮脂が過剰に分泌されていても、洗い過ぎないようにしましょう。洗顔料を使った洗顔は多くても1日2回までにした方がいいでしょう。

また、皮脂をしっかり取り除きたいからと、洗浄力の強い洗顔料やクレンジング料を使うのは逆効果です。また、ゴシゴシと力を入れて洗うのもNG。肌に負担をかけてしまい、肌を乾燥させてしまいます。その結果、皮脂の分泌を過剰にして、毛穴を詰まらせてしまいます。洗顔はキメの細かい泡を作り、泡で肌をなでるように洗いましょう。泡が汚れを吸着してくれるので、こする必要はありません。前述したようなマリンシルトなどの洗顔料を使うとより効果的です。

皮脂の過剰な分泌を抑えるためには保湿が大事

皮脂が過剰に分泌するのは肌が乾燥しているためです。肌が乾燥するのは、肌の保水力が低下しているせいです。肌内部の水分力が低下すると、肌のバリア機能が低下し、さらに肌は乾燥します。それを防ぐには保湿が重要です。保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸などを配合した美容液やクリームでしっかり保湿をしましょう。特に肌の乾燥がひどい場合は、セラミド配合の美容液や美容クリームを使うといいでしょう。

ポイントとしては、お風呂上がりはできるだけすぐに化粧水をつけ、保湿美容液やクリームをつけることです。お風呂上がりの肌は水分が蒸発しやすい状態なので、水分の蒸発を防ぐためにも、すぐに化粧水で水分補給をして、すぐに保湿化粧品でフタをします。

食事に注意して皮脂の分泌を抑える

皮脂は食事の内容にも関係すると言われています。揚げ物やナッツ、脂肪の多い食事、バター、砂糖、香辛料などの刺激の強い食べ物は皮脂を過剰に分泌させると言われています。アルコールなども皮脂を増やすと言われていますので、食べ過ぎや飲み過ぎには注意しましょう。皮脂を抑える食品としては、うなぎや卵、ヨーグルト、レバー、小麦胚芽、大豆、マグロ、サバなど、ビタミンB2やビタミンB6が多く含まれるものです。皮脂の分泌を抑えるためには、食事にも配慮するといいでしょう。

男性ホルモンが多いと皮脂が増える?

皮脂の量は男性ホルモンの影響もあります。男性ホルモンの量が多いと、皮脂が増えてしまうのです。女性にも男性ホルモンがわずかに存在しています。しかし、それはほんのわずかですが、女性ホルモンのバランスが崩れると、通常より男性ホルモンが増えてしまいます。そのため、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

男性ホルモンが増える原因の多くはストレスと言われています。ストレスは女性ホルモンのバランスも乱すものなので、ストレスを溜めないことが大事です。現代ではストレスのない生活は難しいものですが、ストレスを溜めないよう、自分なりのストレス発散法を見つけ、ストレスを発散しましょう。一つは体を動かすことです。適度に運動をすることで、血行もよくなりますし、睡眠の質も高まります。ジョギングなどの有酸素運動もいいですし、ヨガなどもリラックス効果がありおススメです。ストレスを溜めないことで、肌の乾燥もおさまり、毛穴の黒ずみの原因となる皮脂が過剰に分泌されることも防げるでしょう。

毛穴の黒ずみができる原因の一つは、皮脂です。特に皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まりやすく、角栓となり、通常のクレンジングや洗顔では改善されにくくなります。マリンシルトなど吸着力の高い成分が配合された化粧品を使うのも対策の一つですが、皮脂の過剰な分泌を抑えることも予防になります。皮脂抑制効果のあるビタミンCやフラーレンなどを利用するとともに、皮脂の分泌をおさえるスキンケアをして、毛穴の黒ずみ対策をしましょう。

フラーレンを配合したALPHA THREEの商品はこちら!

マリンシルトを配合したALPHA THREEの商品はこちら!